人気ブログランキング |

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> 19675yさん ..
by ikenosai at 09:30
ちょっと感動して、涙が出..
by 19675y at 00:11
> mosaku319さ..
by ikenosai at 12:05
いつも思います。いつも十..
by mosaku319 at 21:42
> urojiidarさ..
by ikenosai at 09:57
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

希望につながった恩師との出会い

 高校入学のときには希望がなかった。

受験に失敗し、行きたかった高校へは行けなかった。
そんな思いで作陽高校に入学してしまった。

共学なのに男子が多い分溢れてしまい男子クラスに。
しかし、そこから不思議なご縁をいただいていく。

クラスの半分くらいが全国大会を目指すアスリートばかりだった。
1年からサッカー部のレギュラーで全国大会にいった生徒、柔道部、剣道部もインターハイに出た。
野球部は1年生大会で優勝し、話題になった。

私は卓球部だった。
強いチームではなかったので、上級生を追い越してレギュラーになった。
しかし、個人も団体も全国大会にはほど遠かった。

それでも余剰エネルギーがあった私は、それ以外にもチャレンジする余裕が出てきた。

高1の夏のバイトで自転車を買って、秋からサイクリングばかりの日曜日。
姫路城まで100キロの道のりを3時間半で行く元気。
2年の夏にはフェリーを使って小豆島に日帰りで行った。
またある日は、午後から日帰りで鳥取の千代川河口に行って泳いだりした。



e0148909_10411977.jpg

 高1の秋の挫折で冬からボクシングを始めた。

全国大会に出たかったからだった。

ロッキーを観たり、あしたのジョーを観ているうちに、根性だけで勝てると思って始めた。

2年の夏のデビュー戦は国体予選だった。
インターハイに出た選手に判定で敗れた。

高3になって、卓球では県総体に出られなかったので、ボクシングで県総体に出たいと担任の先生に相談すると「わしが顧問になっちゃろう」と快諾していただいて出た。

担任の先生は3年間担任だった中島先生だった。

先生はすぐに私の練習を観に来た。
サンドバックを力一杯連打するのを見て拍手しながら、試合が楽しみじゃと言ってくれた。

県総体1日目はシードで不戦で、翌日が決勝戦。
昨年対戦した相手に判定で負けだった。

先生は三脚を立ててビデオ撮影をしてくれた。
その試合は、数日後のホームルームでクラスのみんなの前で上映された。

2年からは家政科の女子と一緒のクラスだったので3分の2が女子で少し恥ずかしかった。


 そして夏休み。

最後の国体予選も初戦がシードで不戦、そして、決勝戦、共にダウンを奪い合ったが、前回と同じ相手に判定で敗れた。

結局同じ相手に3連敗して終わった。


e0148909_10405879.jpg


試合後すぐ、関西高校のコーチから名刺をいただいた。

大学への推薦だったが家に帰って両親に話すも、軽く流されてしまったのでそのままだった。

残りの夏休みはバイトして、後半に中学校時代からの親友と中国地方一周のサイクリングに行く計画をたてた。

担任の中島先生に許可をいただきに行くと「そりゃ面白いのう」と笑って快諾してくれた。

2学期が始まって間もないホームルームで、先生から「これからこの君が面白い旅の話をするけん、みんなで聴こう」と言われ、私は黒板に中国地方の簡単な地図を描いて、1日目から7日目までのサイクリングのすべての日程と内容を話したら、みんなはびっくりして、たくさん質問をしてくれて、私は得意になって答えた。


e0148909_10413425.jpg

e0148909_10414592.jpg

e0148909_10415703.jpg


e0148909_10422188.jpg


 秋から就活。

すぐに決まったが、辞退。

11月も終わるころだった。

関西高校のコーチから学校に電話があって、駒澤に行く気はないかと最終確認だった。

まだ、一枠が決まていなくて、私に声がかかった。

中島先生は笑いながら「どうする」と言っていた。

就活までしている状況から見れば、親が行かせる訳ないとは分かっていたと思う。

私の本音は行きたかった。

これまでの駄目人生を思うと、一発逆転の満塁ホームランのような出来事にしがみついてでも人生を変えてみたいと思った。

翌日の放課後、中島先生にその思いを話しに行った。

途中から涙が出てきて嗚咽の状態で思いを伝えると「先生が今晩お前の家に行って親を説得してやろうか」と言ってくれた。

最後の望みをかけてお願いした。

夜、中島先生は家に来た。

両親は承諾した。

しかし、翌朝、父から「やっぱり無理じゃ、お前を東京にやるだけのお金はうちにはない」と言われ、諦めかけたが何か方法はないかと赤本の説明を見ていて夜学を受験することにした。

中島先生はすぐに推薦状を書いてくれて、平均評定3.5以上にするため、各教科の先生に掛け合ってくれて、3.9になったぞと報告に来た。

あとはお前が勉強するだけじゃ「まだ雲をつかむような話じゃけど、受かったら凄いことじゃ」と言われ、私はその気になった。

そして、卒業式が終わってから私の大学受験があって、何とか合格した。



 大学1年の夏には国体予選があり、中島先生も応援に来てくれた。

初めて勝って、中国大会に出た。

5戦目にして日本チャンピオンの赤木武幸氏と対戦し敗れた。

大学2年の国体予選も中島先生は応援に来てくれた。

1回戦は岡山大の選手を1ラウンドで倒した。

その日の夜は、先生の地元の保育園のお涼み会に連れて行かれ、暑さもあってかビールを何杯か飲んだ。
家に帰って体重を計ると2.5キロオーバーしていて、真夏の夜、ウインドブレーカーを着て走った。

次の早朝もまだ1キロオーバーしていて、会場になっていた倉敷工業高校に着いてから予備計量したら、まだ600グラムもオーバーしていて、ウインドブレーカーを着てシャドーボクシングをして、直前にリミットを下回り60キロ以下になった。

決勝は高校の時の3連敗の相手だった。

みんなからは四度目の正直と笑いながら励まされ、試合に挑んだ。

1ラウンドで手応えがあり、勝ちを確信しかけていたら、2ラウンド途中、気を抜いた瞬間だった。

相手の右フックをまともに受けて倒れ、レフリーに止められた。

左ひざを大きくねん挫してしまった。

その傷は今だに梅雨の時期に痛む。

その日、中島先生は3人娘のうちの2人を連れて応援に来ていて、試合後、「これから赤穂に潮干狩りに行くぞ」と私を誘い、夕方から米袋に2俵分のアサリを採って1俵ずつ担いで運んだ。

次の年の国体予選も応援に来てくれた。

その年、私は中国大会で優勝した。

その後、私は大学を卒業し、さらに何年かして田舎に帰った。

ことあるごとに就職の相談もしたし、先生の縁故で福祉の仕事もさせていただいた。

そして、一時ではあるが中学校で先生をした。

その時の同僚に中島先生の奥様がいた。

ずいぶんと善くしていただいた。

中島先生には今でも会いに行くし、年賀状を出している。

今は優秀な孫がいて、おじいさんになっている。

私が高校に入学したころは当時の市川染五郎によく似ていてハンサムだった。

今思えば、高校受験に失敗はしたが、「人間万事塞翁が馬」「怪我の功名」と言った言葉が私のこれまでの人生を締め括っている。

作陽高校に行って良かったことは、何の取得もない私にここまで付き合ってくれて、最後は大学に行かせてもらって、教員にまでなれたことだと思う。

あの先生に巡り逢わなかったら私の人生は白黒のままだったと思う。

中島先生、ありがとうございます。

何度も何度もお礼を言いたいです。





# by ikenosai | 2019-08-16 14:11 | 思い出のポケット | Comments(4)

「和顔施」 作陽高校の同窓生、渋野日向子さんの活躍


開経偈

無上甚深微妙の法は
百千万劫にも遭い遇うこと難し
我今見聞し受持することを得たり
願くば如来の真実義を解したてまつらん

現代語訳
最高にして深遠な(仏陀が悟られ、説かれた)真理には、
どれほど生まれ変わり死に変わりしても巡り合うことは難しい。
しかし私はいま(仏教に)出会ってその教えに触れることが出来た。
願わくは仏陀の説かれた真理を体得せん。


e0148909_09541966.jpg
e0148909_09552499.jpg
e0148909_09550320.jpg

 週1時間の宗教の授業。
始めにこのお経を唱えていたのが懐かしい。
今は毎日、朝晩の読経で唱えてるこのお経。
作陽高校の精神の礎はこのお経にあるとさえ私は思う。
そして、「念願は人格を決定す、継続は力なり」の教育理念。


e0148909_09543677.jpg

 かつての私たちの高校は今も地域とともに渋野日向子さんのようなステキな卒業生を輩出している。
凡夫の私ではあるが、がんばらなければと元気をいただく。
そんな私のできるお布施「和顔施」「愛語施」つまり、笑顔とやさしい言葉かけ。
ひとりひとりの卒業生の一隅を照らす草の根運動。
恩師たちの思いをこれからも継続して守っていきたい・・・。






# by ikenosai | 2019-08-08 10:03 | 私的視点 | Comments(2)

小火(ぼや)


 今でも思い出すとゾッとすることがある。

小学校4年生のころだったか。

マッチに火を点けては 消す、点けては消すを何度かやっている従弟。

私より四つも下の幼稚園。

点けては消しているの見て、私も何本かに火を点けては消していた。

従弟の家からすぐ近くの養豚場。

建物の角の柱に掛けてあった飼料袋に遊び半分で火を点ける真似をしていた従弟。

私は消えているのを確認したつもりでそこから離れていた。

そのうち叔母が従弟を探しに家から出てきた。

私たちを見つけると視線はそこから少し手前の飼料袋に。

「火事じゃぁ」って大きな声を出しながら、すぐそばにあった井戸から水を汲んですぐに消火。

飼料袋は燃えつくされ、一部炭化した柱がむき出しになり、消火後もしばらく白煙が出ていた。

叔母は井戸を何度か往復し、完全に消えるまで水をかけた。

叔母から叱られ、それで終わったと思って家に帰った。

その日は既に父が家にいた。

家に入るように言われ、入る否や、準備していたであろう縄紐で私はぐるぐる巻きにされた。

「もう、お前を家からは出さん、もうちょっとで豚が丸焼きになるとこじゃった」と言われて納戸に閉じ込められた。

私は堪忍した。

すべての責任が自分にあると覚悟した。

それを受け入れなければ次に進めないためでもあったのか、なぜか分からないままでいたが、私が悪かったと反省していた。

紐に縛られた私を不憫に思ったのか、祖父の弟が父を説得し、押し問答の末、私は解放された。

祖父の弟は、私が幼少期によく負ぶって子守をしてくれた。

幼少期の記憶で一番多いのは、その爺さんと一緒に過ごしていた時間だった。

不思議と私だけをかわいがってくれたのをよく覚えている。

その日の夜に、父と一緒に養豚場の持ち主に謝りに行った。

ただただ謝るしかなかった。

慈悲深い持ち主に許しを得て、その後も親しくさせていただいた。



 私が高校生のとき、祖父の弟は天国にいった。

生涯独身だった爺さんの晩年の6~7年は養老院での生活だった。

入所後、始めのうちは、うちの家族も面会に行っていたが、認知症が加速的に進み、数年で誰が誰かも分からなくなってしまって、行かなくなった。

心肺機能が弱まり、死期が近いと施設から連絡があり、母が面会に行った。

それから半年もたたないうちに爺さんは天国にいった。

亡骸を引き取りに父と施設に行ったときだった。

父から「お前は、この爺さんに随分とかわいがってもらったなぁ。ようお別れをしとけや。」と言われた。

父が事務手続きに行っている間、私はひとり霊安室で待っていた。

やせ細った爺さんの頬を見ながら、幼きころを回想していた。

祖父に愛された記憶は少ないが、この爺さんには寵愛を受けたという記憶が滾々と湧き出るように蘇ってきた。

私の目元が滲んだころ、小さく「ありがとう。」ってつぶやいてお別れをした。



e0148909_08473144.gif



 



# by ikenosai | 2019-07-24 11:03 | お父さんお母さん | Comments(2)

因果応報



因果応報によろこび、因果応報に泣いた一戦

e0148909_09240585.jpg

 6月23日(日)、息子たちが出場した全国大会まで続く選手権大会は東京第10ブロックの予選3回戦で終わった。

約40校もしくは連合チームの中で都大会に進めるのはわずか2チーム。

この試合は準々決勝だった。

そして、ここで勝てば決勝が見えてくるはずだった・・・。

しかし、この前の春季大会の優勝チームに接戦の末敗れてしまった。

4回までは完封していた息子も、5回裏の相手の攻撃で一発を浴びて均衡が破れた。

1ヒット1エラーで3失点、その後にさらに1失点し、この回で4点を失った。

その回の表の攻撃では一死三塁という先制のチャンス、打席には4番の息子が・・・。

痛烈な当たりが三塁ライナーでダブルプレイになってチェンジ。

そこから相手に流れが変わった。

次の6回に一点を返すものの、反撃もそこまでだった。

終わってみれば1対4。

しかし、この冬に選抜チームで一緒だった超高校級のナンバーワン選手といい勝負ができた。


e0148909_09243438.jpg
 夏の多摩大会が残ってはいるが、この大会で一区切りのように感じ、何だか寂しかった。

息子は先に帰宅し、私は次の早稲田実業中の試合を観てから帰った。

選抜チームで一緒だった早実中の親御さんからも、「いい試合だったのに、惜しかったですね」って言われた。

後の祭りではあるが、敗因を振り返っていた。

野球は流れが大きく左右する。

今日はその典型的な試合だっただけに、久しぶりに悔しい思いになった。

それでも、今までで一番いい試合だった。

あんなに緊張感が続く長い試合は久しぶりだった。

気が付けば、緊張の糸が切れないままに試合は終わっていた。

悔しくて泣いている選手もいたけど、ほぼ力を出し切ったような清々しさも残っていた。

そんな余韻の中で私も帰宅した。

途中で弁当を買って帰り、息子と食べた。

「いい試合だったなぁ」って思わず伝えた。

そして、夜になっても二人きりだったので、外に出てコンビニでアイスクリームを買って食べながら高校受験の話をした。

「僕はもう、野球はやらないよ」って息子から切り出した。

「パパにも、先生にも悪いと思うんだけど、やっぱ高校で硬式野球はしたくない」って・・・。

これは、私自身の卒業なのかもしれないって思い、受け止めた。

息子の野球する姿をずっと思い描いていたので、一瞬、やり場を失ったような感覚になった。

思えば、この子は私が中学生のころよりはるかに立派でかっこいいって思えるし、再び青春の追体験をさせてもらったようにも思う。

そうだ、そうだ、この子の人生だもの・・・。

何がしたいのか、どんな高校生活を思い描いているのか、思い描いていこうとしているのかを話し合った。

この夏は、重く、大切な夏になるってそう思えてきた。

私も覚悟が必要なんだって・・・。

今から客観的な視点で観ながら、少しずつ私自身が子離れをしていかなければとも思えてきた。

この子のお父さんで良かった。

心からそう思い、父親として何ができるかを再び考え始めている・・・。


e0148909_09242036.jpg








# by ikenosai | 2019-06-26 09:37 | のぼーる(野球) | Comments(8)

「もう東京へは行くこともないじゃろう」


 高校3年の夏、自ら青春の幕引きをし始めていた。

最後の敗戦で国体への夢が途絶えてしまった。

高2の夏の国体予選、高3のインターハイ予選、高3の国体予選と全て同じ相手に敗れて、3敗、無残にも勝ち星のない戦績で終わろうとしていた。

秋からの就活、青春にもピリオドをと覚悟していた。

そして、10月に地元のゴムの加工工場への就職が決まった。

しかし、ずっと迷っていた。

こんなもんじゃない。

ここで終わらせるわけにはいかないと・・・。

自分自身に何度も言い聞かせていた。

迷走する先で、父と一緒に工場へ行き、採用を辞退し、謝罪した。

今頃になって思う、父は宙ぶらりんの私をどう思っていただろうって。

そして、さらに迷走する先で陸上自衛隊を受けた。

その次につながる体育学校への希望も兼ねて。

そんなに簡単にはいかないのに、往生際が悪く、情けなかった。

それでも父も母も私の迷走に付き合ってくれていた。



 11月も終わる頃、一発逆転のチャンスが舞い込んできた。

駒澤大学からの体育推薦の話だった。

「ボクシングをしに大学に行く気はないか」というスカウトの電話だった。

しかし、我が家には私を上京させるほどのお金はない。

担任の先生が家に来て父を説得してくれたが、翌日になると「やっぱり無理じゃ、そこまでの仕送りはできん」と父に言われて、半ばあきらめていた。

それでも赤本の学部と授業料のところを見ていて夜学での可能性はないものかとスカウトに電話で聞いてみた。

昼間バイトして、夕方部活に行って、夜の授業を受けるという、ぬるま湯に浸かって生きてきた私には相当の覚悟が必要なチャレンジだったが、運命を変える何かがこの先にはあると信じてお願いした。

数日後、スカウトの方が80キロほど離れた倉敷からはるばる説明にいらして、私と家族は覚悟を決めた。

受験できる学部が法学部しか残っておらず、一般受験に交じって合格平均点の半分くらいは採らないと合格できないし、入学後の授業についていけないとのことで、そこから初めての受験勉強が始まった。

高校受験のときも全く勉強せず、高校卒業後は就職と思っていたので進学のための知識すら持ち得ていなかった。

12月から猛勉強が始まった。

社会は好きだった日本史の問題集に取り掛かり、国語は漢字を中心に自力で、英語は卓球部でお世話になった顧問の先生が毎日、放課後に補習をしてくださり、熟語を中心に勉強した。

冬休みに入り、受験のための旅費を稼ぐために酒販会社で酒の配達のバイトをした。


 3月に入り、受験で上京した。

津山から高速バスに乗って新大阪まで行き、そこから初めての新幹線に乗った。

物珍しさもあってか問題集を持ったままで車窓にくぎ付けになっていた。

名古屋を過ぎて、浜名湖、富士山が見え始め、多摩川を越えて、浜松町から見えた東京タワーに私は無限大の希望を抱いていた。

そして、渋谷からバスに乗って世田谷区の弦巻まで行くと、お世話になる監督の奥様に案内され合宿所に着いた。

春休みで数人の先輩しか残っていなかった。

空いたベッドを借りて二晩泊ることになった。

翌朝は入学試験。

昼には試験が終わった。

午後から東急新玉川線に乗って二子玉川に行き、大学の練習場を案内してもらった。

初めて見る自動改札に困惑してしまった。

夜になって、先輩から「家に電話をしなさい」と言われ黒電話から父に電話した。

受話器を握った私は思わず、「試験はできんかった、だめかもしれん。」とあきらめの境地を父に伝えた。

父からは「いや、お父さんは、お前があんなに勉強するのを初めて見せてもらった。それが本当に嬉しかった。じゃけえ、そんなにがっかりするな。ようがんばったがな。お金を今どのくらい持っとる。もう東京へは行くこともないじゃろう。何日か遊んでから帰ってもええで。思い出を作ってこい・・・。一つだけ約束がある。変な気だけはおこさんでくれいよ。」

その言葉でハッと目が覚めた。

次の日の午前中に東京からまっすぐ帰宅した。

3日ほどして合格の連絡が来た。

私の人生の中で約2番目に嬉しい出来事になった。

そして、両親を連れて入学式に出た。

大学受験は私の一生を左右する大きな出来事だったと思う。

入学後は早朝から働いて、部活して、星空のキャンパスに通う日々が始まった。



e0148909_20582305.jpg

ここから東京へ旅立った(国鉄姫新線 美作大崎駅)






 



# by ikenosai | 2019-06-15 21:04 | お父さんお母さん | Comments(6)