人気ブログランキング |

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
こんばんは 東京の家から..
by usatyu4 at 22:24
> wind_song0..
by ikenosai at 23:59
> saitamanik..
by ikenosai at 23:52
初めまして、ふうかです、..
by wind_song0506 at 13:21
こんにちは。 「青春1..
by saitamanikki2008 at 12:47
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

永遠の甲子園

e0148909_11112274.jpg


 昨日、高校球児たちの夏の甲子園が終わった。

 いつものことだが、縁もゆかりもない学校同士の対戦では、私は下馬評の弱いチームを応援する癖がある。

 リアルタイムで観ることができなかったが、三重高校を応援していた。

 今大会では、一押しの敦賀気比高校が優勝すると思っていた。

 しかし、勝負の世界はやってみなければ分からない。

 まして、拮抗する高校同士の対決。

 野球をしていなくても、私が憧れていた甲子園。

 思えば、ほかのスポーツに置き換えてその夢に近づけていたのかもしれない。

 3戦3敗のまま、無名の選手のまま、体育推薦で進学した私は、野球部に根強い人気のあった駒澤大に行かせていただいた。

 閑散としたボクシング部の練習場は、たまに来るOBや監督、コーチはいたが、ほとんどは数名の選手が静かに練習をしていた程度だった。

 2学年上のM先輩に私は可愛がっていただいた。

 今でも、後輩に優しく接することができるのはその先輩のお陰だと思っている。

 そのM先輩の同じ学部の仲良しに、野球部の人がいて、時々私たちの練習場にくることがあった。

 気さくな関西なまりの人だった。

 わたしは最初、ただの野球部くずれの恰幅のいい先輩程度にしか見ていなかった。

 ある日、M先輩が、その野球部の先輩を詳しく紹介してくれたことがあった。

 本人を前に、こいつはこう見えて、PL学園の野球部出身でさあ、桑田が1年の時のキャッチャーだったんだよ、と紹介してくださった。

 控えではあったそうだが、正捕手の怪我で、出番があり、しかもホームランも打っていた。

 何より、甲子園で優勝しているのである。

 そんな人を目の前にして、私はそんなに盛り上がらなかったのである。

 最近になって、当時のこと振り返ってみた。

 ジュンク堂書店で分厚い高校野球史をくまなく探し、とうとうその先輩の情報を見つけたのである。

 PLで活躍した、しかも優勝したメンバーであることが今頃になって熱く感じ始め、なぜ、あのときもっと話をしなかったのかと悔やんでいた。

 それ以前の、池田高校の畠山投手、名電の工藤投手、そして、このブログでも紹介している宇部商の秋村投手のことはよく覚えている。

 なのに、なぜ・・・。

 実は、他のスポーツもそうだった。

 私は、自分のやっていたスポーツにしか視界がなかったのである。

 だから、ボクシングのことは誰よりも詳しく、マニアックだった。

 しかし、高校野球はそこまで観ていなかったことをジワジワと思い出してきた。

 あれだけ、話題になった清原、桑田のドラフト会議も、ニュースで見て知る程度だった。

 ぽかんと空いた情報のない青春時代。

 そういえば、早朝から夜まで練習に励んでいた。

 当時は、おニャン子クラブが大人気だったが、その話題にはまったくついて行かれなかった。

 そんな私に、あるとき、仲の良い友達が、菊池桃子、知ってる・・・?と聞いてきた。

 私は、菊池桃子の顔も名前も知らなかった。

 今思えば、それほどまでに、何かに夢中になれたことに感謝している。

 わたしも、アスリートの真似ごとをし、いつしか、甲子園で優勝するような人たちと同じ大学の体育会でスポーツをしているとは、そのころは夢にも思っていなかった。

 広島カープの野村監督が一つ上の先輩で、大学の体育会年間最優秀選手に選ばれていた。

 嬉しいことに、その翌年は私たちボクシング部のチームメイトが年間最優秀選手に選ばれた。

 彼は、1学年下のK君で、その後にはバルセロナオリンピックのアジア予選までいったのである。

 ロンドンでは、うんと若い後輩の清水聡君がメダリストになった。

 彼をずっと育ててきた指導者が、こんな私を大学にすくい上げてくださった。

 今回の夏の甲子園。

 優勝した大阪桐蔭は秋の大会でコールド負けをしている。

 もともと、強いチームなどない。

 そこまでいくには、計り知れない努力があるからだろう。

 そして、その努力の結集が、最高のチームワークによって醸されているのだろう。

 やっぱり、野球は素晴らしい。

 この秋、息子も、地域の野球チームに入る。

 野球の裾野で、小さな感動を積み上げて欲しい。

 そして、いつの日か、人生を彩る何かを見つけて欲しい。

 私は、夏の甲子園に青春時代の余熱を感じ、そこから、生きる力をいただいている。

 この夏輝いていたすべての高校球児たちに“ありがとう”と伝えたい。

e0148909_11113896.jpg


by ikenosai | 2014-08-26 11:12 | のぼーる(野球) | Comments(0)
<< “119104”にこめて② 小さな夏休み >>