人気ブログランキング |

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> olive07kさん..
by ikenosai at 10:16
おはようございます。昨日..
by usatyu4 at 07:32
> antsuanさん ..
by ikenosai at 09:11
今、ニューシネマパラダイ..
by antsuan at 18:00
> sakim5さん ..
by ikenosai at 20:58
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

30年間帰省しなかった「トト」 と 真逆の私


 30年ほど前に観た「ニューシネマパラダイス」
主人公の「トト」ことサルヴァトーレは若かりし頃、シチリアを出てローマへ、
あれから30年の歳月が・・・

e0148909_09404606.jpg

 私は、あの映画を見て以来、虜になってしまった。
そして、1万5千円以上はしたビデオをすぐに買ってから40回ほど観た。

 そんなに観たもんで、イタリア語のセリフも一部ではあるが覚えてしまった。
30年もの歳月が過ぎて田舎に帰った「トト」・・・
気が付けば、あの映画から30年が過ぎて・・・
私は何回も田舎に帰っているので、「トト」と重なるようなエピソードを持ち得ない。

 途中で完全版のDVDを買って、前のビデオは以前に勤めていたフリースクールへ寄贈。
完全版で解ったアルフレードが仕組んだもう一つの真実・・・
私は玉手箱を開けてしまったような感覚になっていた。
観なければよかったと半分は思った・・・

 最初の上映の時、短く編集した根拠が完全版を観て解ったような気がする。
「言わぬが花」そんな言葉を思い出していた。

 それは人生においても・・・って。

e0148909_09411058.jpg
 芸能界の情報、週刊誌やワイドショー、インターネット等々・・・
丸裸にされた著名人がああでもない、こうでもないって、やりたい放題に報道されているのにつけ、人の人生を一つの出来事で決めつけるのもって思った。



最近の我が家の食卓・・・

e0148909_09421299.jpg

豚カツ と 豚汁
(酎ハイも)

e0148909_09413135.jpg

豚肉と魚介でだしをとったスンドゥブ(コチュジャンで辛さを自由に)
(酎ハイも)

e0148909_09414730.jpg

炊き込みご飯、みそ汁、味付けした牛ステーキ肉と豚肉、
もやしのナムル、海老と水菜のサラダ
(酎ハイも)

e0148909_09415957.jpg

すき焼き
(酎ハイも)

家族みんなで夕食を囲めば・・・
それぞれの思いの進捗が分る!
だから、あえて設定している
父の代からの習慣
嬉しい時間・・・!








# by ikenosai | 2019-05-07 10:01 | 食べること | Comments(13)

「ナイン」その11 8強に進めず敗退

 昨日の敗戦で都大会の夢は途絶えた。

前大会の準優勝チームに3対8で敗れた。

2対3で接戦だったが途中からの守備の乱れで流れが変わった。

敗戦へのターニングポイントはツーアウトからのエラーで連続失点。

それでも息子は完投し、得点につながる三塁打を打った。

野球は一人ではできない・・・

しかし、投手の役割は大きい・・・

責任も大きいが、成長も大きい・・・

昨年に比べても成長は著しい・・・

そこに着目すれば、「感謝」しか言葉は出ないはずなのに、私も悔しかった・・・


e0148909_18411661.jpg



e0148909_18410659.jpg

 中学生の軟式野球のチームにはそんなに差がないと思う。

まだ成長過程にあって、野球に関する知識も技術も途上の段階。

だからこそ目標設定をしてチーム作りをしていけば変わっていかれるのにと思ってはいる。

それなのに全体の志気はなかなか高まらないまま・・・

先生も苦労している様子。

思えば自分が中学生だったころもそんなもんだったと今頃になって振り返る。

みんなで何かを乗り越えていくのって充実していて楽しいはずなのに・・・

しかし、それぞれの意識の違いなど、温度差もあって、負けた後の悔しさもそれぞれだった様子。

息子は、半ばあきらめていたような表情。

本当は悔しかったと思う・・・

それでも、チームメイトへの不満はほとんど口にしていなかった。

期待はしていたのに・・・

昨日のチームに勝てれば決勝までは行けたと話していた。

確かにそうんな感じで今日、昨日の相手チームの準々決勝を私は観ていた。

10点差でコールドゲームだった。

昨日勝っていれば確実にベスト4。

この悔しさをバネに、次の選手権大会(全国大会へ続く一番大きな大会)へみんなで挑んで欲しい!

中間考査一週間前を切った日の試合が終わり、今日の息子は一日缶詰で試験勉強だった。

(今、深夜0時を過ぎたので全てが1日前になります)









# by ikenosai | 2019-04-22 00:21 | のぼーる(野球) | Comments(8)

「ナイン」その10 「3年生の公式戦」が始まった

中学3年生になった息子たちの公式戦が4月13日から始まった!

初戦は小金井の強豪チームと対戦し、9対2で快勝!

桜の花が舞い散るグランドで息子は完投勝利!

e0148909_10180853.jpg
今までで一番安定したいいピッチング
だったと私は思った
テンポよく7回を80球ほどで投げ抜いた


e0148909_10175694.jpg
バッティングは本調子ではない感じ
それでも4番で出場
次回に期待

e0148909_10181693.jpg
毎回、攻撃前のエンジン

次の試合は前回(秋の大会)の準優勝チーム

選抜で一緒だったエースのいるチーム

中学生離れした強肩に息子たちは挑む








# by ikenosai | 2019-04-15 10:30 | のぼーる(野球) | Comments(0)

「桜の花、舞い上がる道を」~ひとりで歩いた日~


 先週から週末にかけて桜がきれいに咲いていた!

私はひととき、家族、そして、大切な人の死を振り返りながら、

桜の花、舞い上がる道に微睡んでいた!


e0148909_10191880.jpg

e0148909_10195898.jpg

息子の野球の練習試合を観に行った帰り道、

武蔵国分寺跡の咲きほこる桜の木々の中で命の洗濯をしていた・・・!



e0148909_10194742.jpg


e0148909_10201152.jpg



e0148909_10214899.jpg

 元気になると、夕食作りも楽しくできて・・・

家族がそろい、田舎の母から送ってもらった野菜をたっぷり使った料理を作った


e0148909_10215952.jpg


 サムギョプサルと少し辛いスープ、からし菜をナムルにして・・・

私は焼酎をソーダで割って国産レモンを添えて








e0148909_10203321.jpg


 3日の昼から、田舎の野菜をたっぷり使った料理を作って食べた

葱のぬた、ほうれん草の胡麻和え、野菜たっぷりのスープ



e0148909_10205535.jpg

 宿明けの日、4日は義理の母の命日だった

昼に帰ると娘も息子もまだご飯を食べてなかったので

前日に作っておいたぬたや胡麻和えを利用して

カフェ風にしてカレーを作った




e0148909_10213361.jpg

そして、夕食は家族4人揃ったので、

いただいた牛肉ですき焼きを作った




この一瞬、一瞬に幸せが詰まっていた

「桜の花、舞い上がる道を」

うちの奥さんが大好きな宮本浩次さんが歌う

エレファントカシマシの曲

6日土曜日、ありがたくも休日

義理母を偲んで集まる昼食会が吉祥寺であるので向かっていた

桜の花に微睡んでいた私はこの曲を口ずさんでいた

あの国分寺跡で大きな桜の木を見上げながら・・・

そして、たまに息子の好きな韓流アイドルグループBTSの「春の日」

を頭の中で流しながらひとり西国分寺駅まで歩いた

それぞれの好きなものになじめて、ありがたいって・・・

和合の近道は、共感、共有

素直な子どもたちがかわいくて

美しい心の奥さんが愛おしくて

感謝だなって・・・

こんな世界においてもらってって・・・

姉に、母に、そして、亡き父にも感謝が込み上げていた・・・

ときどきこんな思いを反芻しながら

凡夫の私は冥土までの塚を踏んでいく

そして、苦しいときは、この一瞬、一瞬を思い出そうって・・・




エレカシの「桜の花、舞い上がる道を」へジャンプ
 → https://www.youtube.com/watch?v=Ytboyc66ais

BTSの「春の日」にジャンプ
 →
 https://www.youtube.com/watch?v=xEeFrLSkMm8










# by ikenosai | 2019-04-10 11:16 | 食べること | Comments(2)

3月の終わりに残堀川の桜が咲いた!

 二日前

多摩川の河川敷でやっていた息子たちの野球の試合

帰り道の残堀川では桜が咲き始めていた

今日はおそらく満開になっていることだろう・・・!




e0148909_21420447.jpg






3月も食事作りをした日があった。

写真はその一部・・・


e0148909_21425104.jpg

チンジャオロース



e0148909_21431212.jpg

炊き込みご飯
カジキマグロの塩焼きを大根おろしで
野菜たっぷり味噌汁
大学芋
大根の韓国風サラダ


e0148909_21432950.jpg

粕汁
かつ煮


e0148909_21434611.jpg

とんかつ

e0148909_21440725.jpg

キャベツのピリ辛炒め
大根の中華風あんかけ



e0148909_21441833.jpg

豚生姜焼き
スンドゥブ(辛さを抑えて)




明日から4月、新年度へ

先日、二十歳の春休みを思い出していた

31年も前のこと

苦い、苦い思い出・・・

2回目の2年生・・・

それは留年した年だった

部活とバイトの日々

学業はその次だった

案の定、留年

実家の母からの電話で知った

「どうしよう」って思ったけど・・・

どうにもならない

このネガティブな感覚を

どうにか上向きにしたくて

もう1回2年生ができるのならと

あきらめていた教職が履修できないかと・・・

大学の教務部に懇願

原則、無理だと言われたが

それでも食い下がり

お願いした

すると

そこまで言うのなら

「なぜ教職をとりたいのか」

を原稿用紙2枚にまとめて

明日までに提出しなさいと言われた

その日のうちに書いて

翌日提出した

実家に帰っていた約2年間の時期に

中学校の先生をやった

1年1ヶ月間の産休代替

情熱はそこに凝縮した

その経験は私の人生に大きな影響を与えてくれた

今でも思う

あのとき懇願して良かったって

先生の仕事は大変だったけど

こんな私にもできた

毎日が楽しくて

あっという間に期限が来た

あのときの産休の先生から今でも年賀状をいただいている

先生という仕事ができた喜びは今では宝物になっている

あきらめなくて良かったって思える

私のいくつかのできごと・・・















# by ikenosai | 2019-03-31 22:42 | 食べること | Comments(0)