いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> miyabiflow..
by ikenosai at 21:34
初めまして。 イイネを..
by miyabiflower at 12:24
> mosaku319さ..
by ikenosai at 20:51
見事な料理に拍手です。ア..
by mosaku319 at 19:55
> tomoyoshik..
by ikenosai at 22:55
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

「ナイン」その5


夏の炎天に秋の稔りを見出せ!



e0148909_23075206.jpg


 今シーズンの大会が昨日終わった!

一昨日にあった予選1回戦は5対4で辛くも勝利し、

昨日の2回戦に勝てば、次は本大会出場だったが、1対6で敗れてしまった。

1、2年生のチームだったが3年生中心のチームといい試合ができた。

次のシーズンはもっと上を目指せるとみんなで話している。

この夏はその準備になる。

がんばれ、夏の球児たち・・・





[PR]

# by ikenosai | 2018-07-02 10:11 | のぼーる(野球) | Comments(2)

5月、6月上期の食卓(一部)

 野菜は、実家の岡山県津山市に住んでいる

母から送っていただいたものが多く

時間のある日に私が作った

我が家の食卓の一部です!



e0148909_10421260.jpg

田舎から送ってもらったスナップエンドウ、にんじん、新玉ねぎ
を使った、海老の中華風炒め


e0148909_10412742.jpg

いただいた筍を使ったチンジャオロース
レタスチャーハンと野菜たっぷりの中華スープ

e0148909_10415518.jpg

娘に作ったガパオライスと小松菜のスープ



e0148909_10422227.jpg

(刺身用の関サバ)ゴマ鯖にだし汁をかけて


e0148909_10424042.jpg
牛すじとキャベツのトマトソースパスタ
水菜とキュウリとレタスのサラダ(オリーブオイルと甘酢のドレッシング)



e0148909_10420341.jpg
野菜とハンバーグのグリル(赤ワインソース添え)
厚切りベーコンを使ったジャーマンポテト


e0148909_09252886.jpg
ゴマ油にあえたモヤシとキャベツの上に
レッドオニオン、キュウリ、ホールコーン
湯むきトマト、ボイルしたニンジンとズッキーニに
たっぷりのオリーブオイルと甘酢を混ぜたドレッシングをかけて



e0148909_09253749.jpg
ペペロンチーノに豚バラ肉とキャベツをのせて



e0148909_09254511.jpg
米粉パンのフレンチトーストで朝食



ありがたくも、食事作りが以前よりたくさんできて嬉しい、

たまにだからありがたいのかも、

夢中になって取り組める料理作りが今では一番の楽しみに、

以前よりぜんぜんストレスがなく、ただただ感謝の日々!









[PR]

# by ikenosai | 2018-06-15 09:58 | 食べること | Comments(2)

「ナイン」その4





e0148909_23075206.jpg
 新入生が11人入部し、20人で新チーム結成!

3年生がいないチームでも、いい試合ができている。


 多摩大会1回戦は国分寺市の中学校と対戦し8対1のコールド勝ちだった。

2回戦は、強豪と噂されていた小金井市のチームと対戦し、5回までは5対5といい勝負だったが、6回表に力尽きて8失点、その裏に点が入らずコールド負けだった。


 息子は両試合とも先発し、1回戦目は完投勝利。

2回戦目は、6回表の途中でKOされてしまった。

上水中学校のグランドは3塁側が狭く応援ができないため、1塁側でアウェイの中での応援。

私一人だけ大声を張り上げて、攻守ともに応援した。

私の応援はかなり浮いていたが、私自身は面白かった。

3年生中心の強豪チームを相手に1、2年生のチームがこんなに善戦し、観る側からも面白く、5回終了までは勝負の行方が分からず、十分に楽しめた。




 試合終了後、自転車で20人の中学球児を連ねて五日市街道を通って帰ってきた。

途中、左ハンドルの黒ベンツに乗った40歳くらいのヤンキーおばちゃんにどやされた。

最初は子どもたちが、「どこ通ってんだ、バカヤロー」って!

そして、先頭の私を見つけて、左ハンドルを片手で握ったまま路肩の私に向かって、「保護者がいてこのざまか、どこ通ってんだ、バカヤロー」って!

最初は何を怒っているのか分からないので、「すいません」って謝ったが、腑に落ちない。

怒りを抑え、冷静に考えながら振り返っていた。

たぶん、あのヤンキーおばちゃんは、道路の左側に自転車が通るスペースがあることを知らないのだろうと思った。

あれだけ、道路に自転車の通る場所がペイントしてあるのに、知らないのだろうと。

社会を変えていくための草の根運動にはこんなおばちゃんが快くおのずから変われる環境も課題なのかも・・・。

あのまま、反論していたら、あのおばちゃんはパートナーか親分を連れてきて、さらに、さらに私のレジスタンスがエスカレートすれば、今頃東京湾か、奥多摩で地球の一部に還されているかもしれない。

戦争の発端は、こんな些細な思い込みや、自分を立てようとする詰まらぬこだわりや、プライドから始まるのかもしれない。

こういったものへの柔軟な対応が私にとっての天国への貯金なのかもしれない。

どうか、あのヤンキーおばちゃんが自転車が通る場所に気づいてくれますように・・・!

そう祈った。










[PR]

# by ikenosai | 2018-06-04 16:38 | のぼーる(野球) | Comments(2)

第15夜 哀しからずや


あの人が会いに来てくれたのは、僕の死刑が確定してからだった。

 今更何をって、そう思った。

でも、不思議だった。

もうこの世に未練などないと自分に言い聞かせて冷めきっていた。

そのはずだったのに。

 上告が棄却されてから、僕の目の前の世界がどんよりとした鉛色になった。

最後は暗黒へと落ちていく僕の人生だとそう思って覚悟していた。

これが僕に敷かれた運命のレールだったのだと、そう思っていた。

あの面会以来、あの人から書簡が届くようになった。

短い文が葉書1枚に書かれている。

なぜ、僕に会いに来てくれたのかが分かり始めたのは、それからだった。


 30年前、僕たちは出逢った。

まだ充分に若かった。

あの人と僕はそれぞれの田舎から上京して何年か経っていた。

あの人が幸せになるはずだった結婚が破談になったばかりだった。

あの人を奈落の底に突き落としたのは、急に降りかかった多額の借金だった。

もう生きていけないとガックリと肩を落とし、抜け殻のような日々を送っていた。

そんなとき僕たちは出逢った。

 政略結婚で持ち直すはずだったあの人の父が経営する会社が倒産し、雲隠れの後、両親が心中。

残されたのは10億円を超える負債だった。

頼るあてもなくただ彷徨っていたあの人、そして、クリスマスの午後、僕たちはめぐり逢った。

 僕は早朝からのバイトで疲れ切っていた。

その帰り道だった。

同僚のおばさんから貰ったクリスマスケーキを左手にぶら下げて歩いていた。

大学は冬休みに入り、部活はなく、イヴはずっと一人だった。

やさしい同僚のおばさんは僕が一人でクリスマスイヴを過ごしているのを分かっていたのだろう。

おばさんは昼も夜も働いていた。
昼間は僕と、夜は渋谷の飲み屋街で会社役員が足繁く通うスナックで働いていた。
その店で客から貰ったケーキをまるまる僕に分けてくれた。

何でも、ブールミッシュというお店で注文して買った苺の大きなケーキだった。

 ケーキをぶら下げて歩いていた僕の背後から自転車が突っ込んできた。

僕は転んで、持っていたケーキが一回転して下に落ちた。

慌ててケーキを見るとまだ充分に原型をとどめていた。

運が良かった。

 あの人は暗い表情で、申し訳なさそうに謝った。

そのあまりにも暗い表情が心配になった。

不安というか、幽霊のようになって自転車を押していたのが妙に心配で、この人は死んでしまうのではないかという何だか他人ごとではないような切なさに僕も巻き込まれていた。

いや、あのとき一緒にいなかったらきっと死んでいたと思う。

僕は足を引きずりながら、大怪我をした振りをしてあの人にアパートまで送ってもらった。

イヴは一人だったけど、クリスマスは誰かと過ごせる嬉しさで、思わずあの人に「ありがとう」とつぶやいたら、「どうして」と言いながら不思議そうに僕を見ているので、「嬉しいから、ありがとう」と今度ははっきりと伝えた。

思わず見つめ合い、寂しさからか、心が通じ合う不思議な感覚が心地良かった。

今にも壊れそうなきゃしゃなあの人を今でもはっきりと僕は覚えている。

恋人でもないのに不思議なつながりを感じていた。

お互いに恋人ではないことは意識していた。

それは充分に分かっていた。


 それぞれに好きな人ができても嫉妬もなく、お互いの幸せを願いながら、親友の関係は続いていた。

一生の友だとお互いに思っていた。

何か霊的なつながりとでもいうか、一線を越えられない身内のような、もしかしたら前世でつながっていたのかもしれないとさえ思っていた。

連絡を取らなくなったのはあの人が結婚してからだった。

嫉妬深い亭主への思いやりからか、お互いに連絡を取らないことをあの人から申し入れ、僕は約束をした。


 しかし、僕の事件のことをニュースで見てからずっと気になっていて、亭主が癌で亡くなった6年後からだった、初めてあの人が面会に来たのは。

それから書簡が届くようになった。

 僕は、あの人の亭主が亡くなったことを連絡を取らなくなって以来、知らなかった。

ただ、やさしさからか、僕に同情し、支えようとしてくれているのだと勝手に思っていた。

なので、刑務所に届く書簡にも、あの人の振る舞いにも、負い目というか、同じ目線での関わりだとは感じられず重かった。

 それからしばらく、僕は亡くなった亭主のことも知らないままにあの人の書簡を受け取っていた。

なので、荒んだ僕の心などどうでもいいのにと投げやりな気持ちだった。

こっちは死刑執行の時が来ればおさらばだからどうでもよかった。
と、その時は思っていた。

なのに、あの人の書簡は僕を必死に人間に甦らそうとしていた。

後になってだが、そう強く感じるようになった。

 ある日の面会では、僕のことより、もっと他の人にすべきことがあるのではと言ってみた。

嬉しかったのに、ひねくれていた僕は反射的にそんなことばかり言っていた。

あの人から、「あなたは私の命の恩人だから・・・」と言われ、これまでのすべてのいきさつが少しずつ分り始めた。

 そして、あの人が出家して尼さんになっていることも分った。

一度、死んだことにして、仏門に入り、一定の期間に修業をして得度し、最初は剃髪もしていたらしい。

駆け込んで来る女性の悩みを聞いては、その人を思い、ただただ祈っていたという。

だから僕のこともひたすらに祈っていたのだと思う。

僕は太いパイプにつなげられて、脈々と流れてくる神の愛とでもいうか、仏の慈悲とでもいうか、心穏やかになる瞬間を感じることが多くなっていった。

 やがて、贖罪の思いから、後悔にかられて泣きだしたり、来世でも償い続けたいという気持ちになって、気が付けば僕も祈る時間が多くなり、お経を唱えることが自然な感覚になっていた。


 一度に4人を殺めてしまった最悪の罪。

どう足掻いてもリセットなどできない。

来世で償うこと以前に、まず、今、何ができるかと悩んでいた。

後悔の日々はずっと続いている。

あのときもっと冷静になっていたらと。

その後に起こる今の気持ちを予測できていたのなら。

と、そう後悔していた。

 自分の欲望を満たそうとしてみたり、自分を立てようとすれば、必ず同じうような思いの人間とぶつかるのも今では充分に理解できる。

そういった人間関係の苦しみをどれほどの多くの人が持っているだろうかと思う中で、僕のようになって欲しくないと強く願うようになっていた。

 人間関係の苦しみは、サイコパスでない限り、どこかで修復できると思った。

ただし、事件が起こってからでは取り返しがつかない。

僕のようになっては、娑婆への生還はできない。

それを刑務所の中での後悔から、あの人と関わりながら学んだ。

正しいことの積み重ねがどれだけ尊いのかをやっと分かり始めていた。

 しかし、今更ながらと、そう思えてあきらめていた。

そんな思いを、もし叶えられることができるのならば、あの人にそんな思いになれた感謝の気持ちを伝えることくらいしかできない。

それもあってか、あの人と会うことが僕には大きな支えになっていた。

「あなたが好きよ、あなたの本当の心、真心が好きだから」って。

あの人の愛はアガペ、男女の愛ではなく、僕を支える神の愛だった。
僕はそう思った。


 僕は、覚悟はできている。

執行の日が来ることは。

そう思っていた。

それは、最後に神様とつながったという自分都合の思いからだったのかもしれない。

大好きだったあの人が僕の心に寄り添っていてくれたこと。

それだけで、生まれてきて良かったって思える。

神の姿は愛になって現れる。

仏の慈悲は、神仏へとつながる太いパイプ。

あの人は僕の喜びを願う心で祈ってくれていたと思う。

あの人のお蔭で今僕はこうして覚醒しているのだと。

善き思い、善き行いができなかった後悔と反省の祈りから、拭え切れない罪への贖罪の気持ちが滾々と湧き出ている。

だから願い、そして、祈ることしかできなかった。

そう思えたことへの感謝の気持ちが僕を生かしている。

 それでも後悔しか残らない。

不安定なままの僕はそう思うこともある。

僕によって死んでしまった人の命はもとには戻せないのだから。


 執行の日が近づいた。

それは突然。

「何か食べたいものは・・・」との希望を聞かれてから、その日が近づいたのだと気づいた。

その日から食事が喉を通らなかった。

だから執行までの断食を希望し、その日を待った。

そして、僕の罪によって不幸になった人々のことをひたすら祈った。

ゼロに戻せない大罪の中で、泣きながらお経を唱えていた。

この苦しみがなくなるのならと思ってか、死刑執行の日に償えると思い、僕にとっては希望の日になっていた。


 執行の日。

最期に思い出したのは、僕より先に罪を償うために心中した両親のことだった。

涙を押し殺して「ごめんなさいお父ちゃん、ごめんなさいお母ちゃん」ってつぶやいていた。

 次に思い出したのは、僕の心を変えていったあの人だった。

不思議な未練が僕を襲っていた。

何も成就しないままの虚しさが僕にのしかかっていた。

こんなに苦しい思いが待っているとは今日まで知らなかった。

 殺された人たちの思いがじわじわと伝わる中で、僕は一瞬の痛みを伴うだけで、空へと消えていった。

そんな安定のない気持ちで臨終の向こう側へと飛び越えていった。

償えたつもりになって空へと向かっていた。


 あの世でもずっとこの苦しみが続くことなどまだまだ知らないままだった。

天国を待つような卑しい心が支配するもう一人の僕が、天国を期待していた。

救われたいと願う図々しさが、心の奥底に見え隠れしていて僕の魂がまだ臨終を彷徨っていた。

閻魔様には絶対に許されぬ大きな罪の代償をこれから深く理解することになるとは分からぬままに三途の川へと向かっていた。


 三途の川のそばにはうどん屋があった。

そこにはすでに死んでいた両親が僕を待っていた。

大きな釜を囲み、僕の身長ほどの長い箸でうどんを食べていた。

腹ペコで、腹ペコでがっつく僕は上手く食べられないことに苛立っていた。

お父ちゃんが苦笑いをしながら長い箸でうどんをすくい、僕の口に入れながら、「こうして、まず相手に食べさせてあげることが肝心なんだ」と言った。

空腹を我慢して、まず、長い箸でうどんをすくって、斜め向かいにいた見知らぬ人へ差し出して食べさせた。

がっつく相手が見る見る笑顔になっていく。

それを重ねていくうちに、僕は空腹でなくなった。

天国への入り口は心の空腹を満たすことが何なのかを教えてくれた。


 僕につながるご先祖たちが高いところから僕を見下ろしている。

そして、じわじわとそれぞれの思いを僕に投げかけてくるのである。

「お前さんは何か?

わしらの思いをなんにも考えずに生きていたのか。

苦しい、苦しいと投げかけても我々の供養もせず自分中心に生きていた。

天罰が下ったのはそのためじゃ。

あらゆる負の因縁を集めて苦しみの中に置かれたのだ。

あのとき、先祖の供養や自身を浄めることをして入れば、こんな苦しみに苛まれず過ごせていたはずじゃ。

わしらの思いに寄り添えば良かったはずだったのに。

苦しかろうに。

彼岸で苦しむのは徳のなさと、来世や子子孫孫への悪因縁の相続。

わしらと同じように、苦しい、苦しいと言い続けるしかない。」とそう言われた。

 白鳥は哀しからずや空の青、海のあをにも染まずただよふ」


中学で習った若山牧水の短歌が一瞬、頭をよぎった。

僕のアイデンティティーはこの一瞬で消えていくけど、空の青、海のあをでもなく、はっきりと区別できるひとりの人間として存在したのだと。
生まれし命がやがて恋をしたり、失恋をしたり、人との関わりの社会の中で生きて死んでいく。

 残念なのは、人殺しをした後悔という大きな概念に支配され消えていくことなのかもしれない。

あのときこうすれば良かったと。
消えていく一瞬にもそれらの概念に支配されていた。

無の境地とは真逆の血の池地獄へと足を踏み入れていく不安の境地にさらされながら、苦しい感情が治まらないままに。

誰かに供養して浄めてもらいたいのにその思いが伝わらぬ歯がゆさに苦しみながらあの世で彷徨っている・・・

ずっと、ずっと・・・


e0148909_10393970.jpg
 しい曲へクリック  https://www.youtube.com/watch?v=sHNmHv5c1z4









[PR]

# by ikenosai | 2018-05-25 09:19 | 恋別離苦(短編集) | Comments(0)

「ナイン」その3

 9人ギリギリの野球部に新入生が11人加わって!

 息子は中学になっても野球を続けている。
昨年は、夏の大会で3年生が引退し、新チームを組むも、上級生がいないため、部員が8人、女子マネージャーが1人。
9人目がどうしてもいないと出場できないもんで、女子マネージャーも一緒に練習をするようになり、公式戦へでていた。

e0148909_23075206.jpg
 今年は1年生が11人も入部し、数名の経験者の中には、2年生に負けないくらいの実力者もいる。
目標が昨年以上の内容になり、市での優勝や地区でのベスト4へと大きく希望が膨らんでいる。

 息子は引き続きエース番号をいただいている。
しかし、まだまだ目標に合わせたスモールステップが必要。
徐々にでも構わない、自分自身の力で自分自身を奮い立たせていかれるよう、ともし火をともしてほしい。
そう願いながら関わっている。


e0148909_16414148.jpg







[PR]

# by ikenosai | 2018-05-14 08:38 | のぼーる(野球) | Comments(0)