人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> weloveaiさん..
by ikenosai at 09:59
Ikenosaiさんの男..
by weloveai at 19:00
パソコンお助けマンです。..
by PC-otasukeman at 16:04
ご挨拶 ブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 10:25
> mosaku319さ..
by ikenosai at 07:40
以前の記事
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

国営昭和記念公園…晩秋!

 立川にある国営昭和記念公園は
我が家のベランダから見下ろせる公園。
立川駐屯地を挟んだ向こう側は
いつでも見れるのに…
数年ぶりに入園!
国営昭和記念公園…晩秋!_e0148909_15023325.jpeg

国営昭和記念公園…晩秋!_e0148909_15025522.jpeg

国営昭和記念公園…晩秋!_e0148909_15021174.jpeg

国営昭和記念公園…晩秋!_e0148909_15031449.jpeg

国営昭和記念公園…晩秋!_e0148909_15012879.jpeg

 ポカポカと暖かな日に…
たくさんの人たちが
変わりゆく秋を見つけては
追いかけているように
紅葉の中に溶け込んでいた!

そして、クリスマスまでのアドベントへと…




# by ikenosai | 2022-11-27 15:04 | 照于一隅 | Comments(0)

私にしみついた演歌のDNA…

 長男だった父とその妹や弟の7人が両親と住んでいた私の実家は
大家族でそこに母は嫁いできて数年後の1968年1月18日に私は生まれました。
そして、もの心つくころに馴染んでいた曲は大半が演歌でした。
カラオケで歌うわけではないのですが、どこか懐かしく郷愁に誘われます。
いちばん印象に残っているのは4歳の頃に叔父が口ずさんでいたぴんからトリオの「女のみち」でした。
最近、その曲を口ずさんでいた叔父が亡くなり、その曲を気持ち良さそうに唄っていたのが強く印象に残っています。

私にしみついた演歌のDNA…_e0148909_23084319.jpeg
「女のみち」
「波止場しぐれ」
「心のこり」
「港町ブルース」
「大阪しぐれ」
「夢追い酒」
「喝采」
「千曲川」…などなどは特に郷愁に誘われてしまう曲!

意味も考えずただただ聴いていた…

 小学校のときにソフトボールチームが市の大会で優勝し、バスを借り切って県大会に出場した時。
保護者の中に高校の先生がいて、バスの中で「さざんかの宿」を大きな声で歌っていたのを今でもはっきりと覚えている。
今頃になって歌詞を読んでみると、とても子どもに聞かせる歌詞ではないことに気づく…
それでもテレビではタンスを担げる演歌歌手という印象でやたらと人気があって唄っていたのを思い出す。
演歌だけでなく失恋の曲が好きなのはもともと片思いや、フラれたりする曲を耳にし馴染んでいたのかもしれない…
 もの心つく前から演歌の失恋の曲が日常で、その後、歌謡曲に変わっていっただけなのかもしれない。
そして思春期には失恋ソングが多いオフコースに馴染んで…
今でも失恋ソングばかりをついつい選曲して聴いている…
歌謡曲だけでなく演歌も!




# by ikenosai | 2022-11-14 00:04 | 現世に乾杯! | Comments(0)

ぱ・い・な・つ・ぷ・る…!


 息子が幼少の頃、よくこの階段で競争した。
じゃんけんをして勝ったら進む…
グーで勝ったら3段(グリコ)
パーで勝ったら6段(パイナツプル)
チョキで勝ったら6段(チヨコレート)
って感じで階段を登っていく。
当時の息子の心理は分かりやすかったので裏をかいて私が勝ち続けることもあった。
それが段々と通用しなくなって…
いつの間にかじゃんけんをしなくなった。
今日、この階段を見ながらあの頃を思い出していた。

ぱ・い・な・つ・ぷ・る…!_e0148909_16200678.jpeg

ぱ・い・な・つ・ぷ・る…!_e0148909_16203960.jpeg
 子どもたちの成長に合わせて何冊かの本を読んだ。
今でも本棚にはその名残が…
途中からは野球の本ばかりに…
 気が付けば私が育てられていた!

ぱ・い・な・つ・ぷ・る…!_e0148909_16201813.jpeg

 今、息子は高校3年生
まだ進路は決定していないが半年後には高校を卒業!
いつか私を追い抜き、こんな感じで私を上から見る日も来るだろうに…









# by ikenosai | 2022-10-30 17:27 | 子育て 一期一会 | Comments(2)

灯台下暗し~身近にあった「甲子園の心」~

 昨年、ぜひ読んでみてはと奨められてお借りした一冊の本「甲子園の心を求めて」佐藤道輔 著。
私は深く感銘して、自分のそばにこの一冊を持っておきたいと思い、古書店などで探し始めたのだが見つからず、ネットオークションでは驚きの価格にさらに驚愕していた。
その本を貸してくださった方は根っからの高校野球ファンで、昨年の夏の予選、息子が投げる初戦に応援にいらしてくださった。
 そして今年は、高校野球好きだった姉が遥々岡山から新幹線で息子の初戦に合わせて上京し、一緒に炎天下の球場に来てくれた。
思い起こせば姉の中学時代、甲子園には荒木大輔がいた。
姉はその憧れの高校球児を観るために甲子園まで出かけていた。
やがて高校生になり、入学した高校の野球部の応援をしていた。
実家には今でも荒木大輔に関係した書籍が本棚に残っている。
元々本を読む習慣がなかった私は、写真集のような書籍は観ていたが、文字だけの本は興味を示さなかった。
随分と大人になってから本のタイトルくらいは一読して興味があれば読むという感じだった。

 昨日のこと、母の喜寿を祝うため妻と一緒に高速バスで実家に帰省。
ホコリでくしゃみが出るような本棚を隈なく見渡したときのことである。
それまで気づかなかったのになぜか見覚えがある本がその本棚にあって思わず「あっ!」と声が出てしまった。
なんと探していた「甲子園の心を求めて」が実家の本棚にあったのである。
さらに、「続 甲子園の心を求めて」も合わせて並んでいた。
 姉は女子高生の時代にすでに甲子園の心とは何ぞやを読んでいたのだと思うと息子の試合を観に来たりしたのにもいろいろな思いがあって、昔々の同年代からの高校野球への思いや、高校野球の素晴らしさを私以上に理解していたのだとあらためて感じたのである。

 都立高校が30年ぶりに都大会で決勝進出したこと、初めて関東大会に出場したことが続編では書かれていた。
著者の佐藤先生が監督をしていた東大和高校が日大三高を準々決勝で破り、準決勝では早実を破った城西大付属城西に延長戦の末勝っての決勝進出だったことがこと細かに書かれていた。
読み入っていくうちに高校野球で何が大切なのかが伝わってくる。
伝わってくる頃には涙がじわりじわりと目元から滲んで溢れてくる。
いつか息子にも読んで欲しいなぁって、そして、この素晴らしい高校野球で自分はどれだけ頑張ったか、何が足りなかったのかなど、人生の教訓や糧にして欲しいと願い、姉にお願いしてその2冊をもらってきた。
この先も野球をするかもしれない息子に、いつか読んでほしいなぁって願いつつ!


灯台下暗し~身近にあった「甲子園の心」~_e0148909_18091285.jpeg
実家の本棚にあった2冊




灯台下暗し~身近にあった「甲子園の心」~_e0148909_18102522.jpeg

昨年のネットオークションで見つけた最高値の同じ本











# by ikenosai | 2022-09-04 19:59 | のぼーる(野球) | Comments(1)

慌しい8月を乗り越えて!

 八月が慌しくすぎていく!
職場はコロナに蝕まれた月となり
不思議と私は感染もせず、
職場の中に連日いた、
いや、職場に住んでいた!
神様はいると
今回も実感した月だった!

慌しい8月を乗り越えて!_e0148909_10152104.jpeg

週明けには娘と一緒に
渋谷で催されている
かこさとし展にいく。

さらに月が変われば
母の喜寿を祝う誕生日に
実家に帰省する!

絵本の世界を
娘と共有出来たこと…
ただただ感謝しかない!

かこさとし展やってるよ
一緒に行こうって
娘が誘ってくれた!

慌しい8月を乗り越えて!_e0148909_10271167.jpeg



# by ikenosai | 2022-08-27 10:14 | 現世に乾杯! | Comments(0)