いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

タグ:帰省 ( 5 ) タグの人気記事


父の一周忌法要で帰省



私の大好きな風景

田園風景
津山の実家
美作大崎~西勝間田の間の集落

e0148909_08563836.jpg

父の一周忌法要の翌日、島根県浜田市の母の実家へ
再び津山に戻ってから一日だけ、のんびりできた日があり散歩へ!

e0148909_08565765.jpg

e0148909_08572339.jpg

e0148909_08574182.jpg

e0148909_08585095.jpg

e0148909_08581324.jpg

e0148909_09024779.jpg

e0148909_08582580.jpg

子どもの頃、よく釣りをした池

e0148909_09015030.jpg

ところどころに廃屋

e0148909_09020384.jpg

朽ち果てた家も


e0148909_09011611.jpg


e0148909_09010289.jpg
e0148909_09013712.jpg

e0148909_09001530.jpg

e0148909_08595654.jpg

                   地元の豪農(大地主)の家
                  一族が街に出てしまって・・・
                    高齢化する地域に・・・




もうすぐ母の日ですね!
 僕の大切なお母さんのお話、お読みくだされば嬉しいです。

 これは僕のお母さんの話です。
生まれ育った南国の漁村から瀬戸内海を渡り日本海側の浜田漁港にひっこしてきました。
最初は近所のかんづめ工場で働いていましたが、大阪のしんせきの店を手伝うため家族のもとをはなれ、ひとり大阪にいきました。
大阪の店にはたくさんのお客さんがきていて、親しい人もでき、街にもすっかりなれていました。

 正月を二日後にむかえたある夜、お店によくくる男の人がやってきて、明日いなかに帰るんだが、できればあなたをつれていなかに帰りたいと話したのです。
それが花嫁さんになるお母さんへのお父さんからのプロポーズの言葉でした。
花嫁さんは迷うことなく次の日荷物をまとめて、汽車に乗って僕のいなかにやってきました。
おおみそかの夜、とつぜん花嫁がやってきて、みんなはびっくりしました。
花嫁さんはもっとびっくりしました。
いなかには、三番目と四番目の弟、二人の妹がいる大家族だったのです。
代々続く家だったので、一族が集まるいそがしい家でした。
えらいところにお嫁にきたと思ったことでしょう。

 一年ほどしてお姉ちゃんが生まれ、それから一年半して僕が生まれました。
がんこなおじいちゃんやわがままなおばあちゃんにもまけずにがんばっていましたが、たえられなくなったある日、お姉ちゃんと僕をつれて、いくあてもなく家出をしたことがありました。
それでも僕たちの幸せを考えてくれた花嫁さんは覚悟をきめて、お父さんの待ついなかにもどったのです。
なれない土地でたいへんでした。
それでもその土地になれようと一生懸命生きました。

 僕が幼稚園のとき、がんこなおじいちゃんが病気でなくなりました。
わんぱくでいたずらばかりしていた僕はいつもみんなにめいわくをかけていました。
あやまりにいくのはいつも花嫁さん。

 中学生になった僕は、不良になり、先生にも、近所の人にも迷惑をかけていました。
あやまりにいくのはやっぱり花嫁さんです。
「息子がご迷惑をかけてすんません。」といつも頭をさげてばかりでした。

 僕が中学二年生のときおばあさんが寝たきりになってしまい、そこから介護の生活が三年間続きました。
来る日も来る日もおばあさんのお世話です。
ご飯を食べさせて、体をきれいにふいてあげます。
とこずれやオムツかぶれがあると、どくだみの葉っぱをかわかし、それをにだしたお湯を体に塗ってあげました。

 おばあさんは花嫁さんに文句ばかり言っています。
嫁は信用できないと言われても、いつもやさしくお世話しました。
あいまを見て家々の電気メーターを見る仕事をして家計を支えていました。
おばあさんが死ぬ少し前、おばあさんがわがままばかり言うもんで、花嫁さんはとうとうおばあさんと言葉でけんかをしてしまいました。
僕から見るとおばあさんが悪かったと思います。
それでもなくなる直前でなかなおりしました。
夏の終わりの暑い日でした。

 おばあさんがなくなった数日後は花嫁さんの四十一歳の誕生日でした。
お姉ちゃんとお金を出し合ってケーキを買ってささやかにお祝いをしました。
 
 僕が高校を卒業するころ、花嫁さんはヤクルトの配達のお仕事を始めました。
僕の小学校の学区内でした。
一軒一軒にヤクルトはいりませんかと売りにいきました。
僕となかよしだった子の家はすぐに買ってくれましたが、僕となかが悪かった子の家は、やっぱり買ってくれませんでした。

 配達で地域の情報を知り、僕によく話してくれました。
僕が東京の大学に行ってからもずっとヤクルトを配っていました。
地域ではヤクルトさんと言われていました。
山あいに住む一人暮らしのおじいさんやおばあさんの家にもヤクルトを配達しました。
三輪のバイクで毎日毎日配達にいきました。
そのうちいろいろな人の悩みや相談を聴くようになりました。
みんな花嫁さんが来るのを楽しみにしていました。
 
 いつも買ってくれていたおじいさんやおばあさんがなくなると香典をもって葬式にいきました。

 僕がいなかに帰省していたとき、家の近くの駅まで花嫁さんが見送りにきました。
たまたま居合わせたおばあさんが「あんた、ヤクルトさんの息子さん?」とたずねてきました。
僕が返事をすると「いつもお世話になっとります。」と花嫁さんに親切にしてもらっていることを話してくれました。
僕は嬉しかった。花嫁さんがみんなに好かれていて。
花嫁さんはみんなに親切にして、みんなからたよられていました。

 おじいさんの弟が寝たきりになったときもお世話になる老人ホームが見つかるまで家で介護をしました。
お父さんより18歳も若い弟が病気でなくなったときも、花嫁さんはなくなる間際までお世話をしました。
 
 花嫁さんが僕の家にきてからたくさんの人がなくなりました。
花嫁さんはいつもみんなのいる仏壇に手を合わせ、ご飯や水をおそなえし、線香をたき「なんまんだ、なんまんだ・・・」ととなえます。

 お嫁にきてからもうすぐ50年になります。
四国から日本海にうつり住んだ花嫁さんの両親も何年も前になくなりました。
もう帰る場所もなくこの岡山の土地で静かに暮らしています。

 僕たちの一族のために花嫁さんは自分の人生をささげて生きています。
お父さんの親や兄弟、しんせきを天国におくり、とうとうこの土地の一員になりました。

 花嫁さんがいないとみんなが困ります。
お父さんも困ります。
しんせきの人たちも困ります。
近所の人たちも困ります。
長い年月をかけて花嫁さんはこの土地の人になっていったのです。

 花嫁さん、ありがとう、僕の家にお嫁にきてくれて。
 花嫁さん、ありがとう、僕を産んでくれて。
 僕の大切な大切なお母さん・・・、いつも、いつもありがとう。

                                   2010年







[PR]

by ikenosai | 2017-05-05 22:05 | お父さんお母さん | Comments(0)

慌ただしい一週間

 職場は一週間の休み、私は実質4日間。

父の初盆で帰省。

夏の雲から光が差して、残暑の中から、もう秋を感じるこの時期。

夜行バスに乗って、娘とふたりで帰省。

息子は野球の試合に勝ち進んでいたため、まだ東京に!

ジャビットカップの本戦で1回戦、2回戦と勝ち進み、明日は3回戦。

決勝まではまだまだ遠いけど、決勝戦はなんと東京ドーム。

私の少年時代と同じ感じの夏休み・・・!


e0148909_18103005.jpg
我が家から見える夏雲(光が落ちているエリアは以前レーガン大統領がいらした日の出町方面)




e0148909_18105498.jpg
実家の最寄り駅(JR美作大崎駅)奥に見えるのが西日本最大の旧正月の出店でにぎあう福力荒神様。



e0148909_18111692.jpg
いつもの近所の蔵。



e0148909_18131787.jpg
過疎と廃屋の地域で少子化も・・・!



e0148909_18134024.jpg
猫じゃらしの先だけ残してのカエル釣りを娘に伝授・・・!



e0148909_18133079.jpg
 田んぼや溝にいるイボガエルやトノサマガエルがパクリと食いつき、意外と面白い。
私の少年時代の遊びの一つ。
高校生の娘も面白がって何度もチャレンジ。



e0148909_18141292.jpg
 高校時代、毎日やっていたウエイトトレーニングの残骸。
ここから丈夫な体は作られていった。
今ではそんな面影はなく・・・?



e0148909_18142037.jpg
 そして、自転車・・・!
高校時代の休日は30キロ以上は乗っていた。
日帰りだと、鳥取県千代川河口(往復約150キロ)、岡山港(往復約130キロ)、姫路城(往復約200キロ)、小豆島(往復約140キロ)、湯原温泉・・・等々。
一週間かけて中国地方一週もした自転車。(津山→米子経由で出雲→浜田→萩→秋吉台経由で湯田温泉→宮島経由で広島→尾道→津山)、もう30年も前のこと。



e0148909_18143225.jpg
 知人が経営しているケーキ屋さん(鏡野町)
津山近辺で一押しのスウィーツのお店。
おみやげはここで買って・・・!

 そして、慌ただしく夜行バスで帰ってきて、そのまま勤務だった。












[PR]

by ikenosai | 2016-08-19 18:49 | 思い出のポケット | Comments(4)

謹賀新年

 あけましておめでとうございます!

大晦日は夜勤、2日の夜行バスで実家に帰省し、4日に新幹線で東京へ戻って来ました。

実家の朝は、雲海の中。

雨でもないのに、霜が集まり、雫になって・・・。


e0148909_18230995.jpg




e0148909_18234793.jpg
かつては、うちの山だった場所、松茸に栗に・・・。
今では夢のあと・・・。

e0148909_18262161.jpg
斜面で椎茸栽培。


e0148909_18264334.jpg
案山子(かかし)も雲海の中・・・。
e0148909_18265424.jpg
小学校の通学路、40年前は、茅葺きのままで、雪が降ると水墨画のようだった・・・。

e0148909_18263224.jpg
枝に鳥の巣。


e0148909_18242640.jpg
村の鎮守様。



e0148909_18243672.jpg


e0148909_18245952.jpg


e0148909_18232154.jpg

土地の持ち主なのか?、それとも不法投棄か?

e0148909_18270590.jpg
近所の蔵。


e0148909_18274472.jpg
Uターンの日・・・。

ローカル列車はディーゼル車・・・、しかも懐かしい扇風機。


e0148909_18271521.jpg
かつての中央町、今は美咲町。

亀甲駅(かめのこう)、地元のたまごかけごはんが一世を風靡。

e0148909_18273133.jpg
津山~岡山の中間にある福渡駅(ふくわたり)


e0148909_18280157.jpg
岡山始発のひかり号に飛び乗って・・・。

なんとか座って帰りました。

娘と息子と3人で・・・。

奥さんは前日にげき混みの中、ひとりでUターン。

それでも、両親に会い、姉家族に会い、半年分のコミュニケーションが・・・。

それができただけで感謝、感謝・・・。









[PR]

by ikenosai | 2016-01-09 20:06 | 照于一隅 | Comments(4)

会えて良かった!

8月19日(水)夜勤明けから新幹線に乗って岡山へ。




e0148909_19442125.jpg

岡山駅から津山へ。

e0148909_19435011.jpg

津山駅から姫新線で美作大崎へ。

e0148909_19422828.jpg


e0148909_19424674.jpg


e0148909_19431238.jpg
時刻表は、1時間に一本程度、時間帯によっては、無い時間も・・・!

e0148909_19432734.jpg
上月(こうづき)から兵庫県。

e0148909_19445388.jpg
先祖代々の墓から、かすかに見える中国山脈。

e0148909_19461006.jpg
墓地の近くの池、子供の頃はよく遊んだ場所。

e0148909_19462698.jpg
方言丸出しの看板。

e0148909_19465117.jpg
一番好きな田園風景。

e0148909_19471112.jpg
我が町内の通天閣!


e0148909_19472461.jpg
空き家が増えて、蔵も空き家に・・・!


e0148909_19474535.jpg

 安否確認の黄色い旗。
実家の周辺も高齢化と過疎化で、色々な工夫が・・・!

e0148909_19525221.jpg

 奥さんと息子は、17日(月)からのツアーだったので、飛行機で松山に、親戚のある伊予西条で過ごし、瀬戸大橋を電車で渡って、岡山駅から私と合流して、津山に戻ってきた。
帰りも、飛行機だったので、私はひとり新幹線に乗って東京に・・・!
今朝、同じ、美作大崎発の列車で出発。
新幹線では、いつもの駅弁「下津井旅情」、ビールを飲む飲む舌鼓・・・!
東京の家に着いたのは、数分だったが、私の方が早かった。

 川崎医大病院に入院している親友に会いに・・・。そして両親に会いに・・・。
2泊3日のあわただしい帰省。
みんなに会えて良かった・・・!









[PR]

by ikenosai | 2015-08-21 20:19 | 思い出のポケット | Comments(2)

夏の思い出・・・②


 8月17日の晩遅く津山から帰ってきた。

今回の帰省は、娘が18泊19日のキャンプに行っていたため、息子と2人きりだった。

2人だと、車で帰るのは、運転が厳しいかな?と思い、また、新幹線ではもの足りないし、車よりもお金がかかりすぎるとあれこれ考えていた。

そして、たどり着いたのが「青春18きっぷ」と言うことだった。

以前の青春18キップとは変わって、まず5枚つづりではなくなっていて、一枚に5回分のスタンプを押してもらうか同時に5人分までのスタンプを押してもらうかになっている。

とりあえず、11,500円内で往復すれば良いかと軽い気持ちで考えていた。

しかも、1日乗り放題で改札を何度出ても良いので、駅構内に店が無ければ、外に出て食事なども可能。

1日分なんと2,300円。

実際に乗車券を買うと片道10,190円、しかも改札からは出られない。

夏休みと冬休みにだけ発売される特別な切符。

有効期限も大学生の夏休みに合わせているような設定。

ありがたくも、この切符を使ってのんびり帰省することにした。


往路

 朝、5時54分立川発の中央線快速東京行きに乗る予定で、うちの奥さんに車で駅まで送ってもらった。

しかし、改札を通る頃にはすでに電車は発車していたので、一瞬、第2の選択肢を考えていた。

同じ東海道線に乗るにはもう南武線しかない。

川崎までの時間を確認すると、6時6分発で間に合う。

始発から終点までの各駅停車で川崎駅に着いた。

少し時間があったので、早朝からやっていた駅構内のベーカリーでパンを買って東海道線に乗り込んだ。

小田原が終点の電車だったので、熱海行きに乗り換えた。

熱海からは興津行きに乗り換え、発車までに少し時間があったのでホームの売店で助六寿司を買った。

息子はやっとお腹が空き始めたようで、持参した水筒のお茶を飲む飲む、ベーグルをかじっていた。

買っておいた助六寿司も私と半分にして食べた。

電車が発車してしばらく行くと、柿田川の大きな看板が見えた。

きれいな湧き水の写真を見て、息子は春に行った静岡の旅行を思い出した。

熱海から13駅が過ぎ、興津に着いた。

台風の影響でもの凄い豪雨だった。

次は掛川まで、東海道線は長い、トンネルをいくつも越えていく。

トンネルの数を最初は意気込んで数えていた息子も、次第にどうでも良くなってきた様子。

14駅が過ぎ、掛川に到着。

途中の信号機のトラブルで10分近く遅れが出た。

それでも、待ち合わせなどで時間調整をしていたので、2つ先の待ち合わせではロスした時間が解消されていた。

雨あしが段々弱まり、どんよりとした曇になってきた。

一面の茶畑や太平洋を望む車窓を横目に、息子と絵を描いたり、本を読んだりして過ごした。

さらに14駅先の豊橋まで行くため、また乗り換えた。

座席を確保するため、早め早めに並んだ。

お盆前ということもあってか、結構乗客がいたが、運良く全てで座れていた。

1時間前後の乗車で乗り換えるところが多かった。

次の大垣までも1時間とちょっとの乗車だった。

あっという間に12駅が過ぎ、大垣で昼食の調達を試みたが、駅構内に大した店がないので改札を出て駅ビルの中を散策した。

足りないお土産を買い、ドラッグストアでアクエリアスと水を買って、弁当屋を探した。

息子に好きなものを選ばせると、焼き鯖が入ったやつを選んだ。

私は、残ったパンがあるので、ドトールで温かいカフェラテを買って、米原行きの電車に乗り込んだ。

列に並んではいたが、やや乗り遅れてしまって、すでに熟年カップルがいたボックス席に入れさせてもらった。

ペルー人の男性とその彼に同行して奈良を観光する保育士さんと向かい合わせに座った。

息子は嬉しそうに焼き鯖の弁当を食べていた。

不器用に箸を短く持ち、魚の身をほぐしていた。

その他のおかずは全部食べ、魚の骨と半分ほど残したご飯だけになった。

息子は「もう無理だよ父ちゃん。」と言い、私の方へ残りの弁当を渡してきた。

その様子に、向かい席の熟年カップルは互いの顔を見合わせて笑っていた。

次第に会話が始まり、息子も嬉しそうに答えていた。

私も息子の食べ残した弁当を食べながら会話に加わった。

どうやら、10数年日本にいるが、日本語が覚えられないとのこと。

息子の会話を聞いて、「日本語が上手ね。」と笑っていた。

周辺にペルー人がたくさんいて、コロニーをつくっているもんで、全然日本語を使わないらしく、覚えられないまま今に至っているとのこと。

そうこうしているうちに、6駅が過ぎ、あっという間に米原に着いた。

降りる間際に、1つだけペルーの言葉を覚えてねと「グラーシャス」と息子に教えていた。

そして、両手に南米産のビスケットを一袋のせてくれた。

息子は、ママにもあげると言いながら、大事にリュックにしまった。

米原からは26駅。

ありがたいことに3時間近くも乗り換えがないのでのんびりできる。

車内のトイレも確認し、本を読んだり、絵を描いたりして過ごした。

新幹線では通らない駅が多くて私は退屈せずにすんだ。

彦根、安土、近江八幡、大津、神戸、明石など途中では明石海峡大橋が見え息子と色んな話をしながらあっという間に姫路に着いた。

夕方5時47分に着いた。

20分ほど時間があったのでホームの立ち食いそば屋に行き、冷たいそばを1つ注文した。

最初に息子に食べたいだけ食べさせた。

子ども用に立ち食いテーブルで黙々と食べていた。

私が食べようと器の中をのぞくと、ほとんど食べ尽くしていて、残ったコマ切れの麺と汁をすっすったらなくなった。

息子は大人並みに食べた立ち食いそば屋に大喜びだった。

山陽本線に乗って、岡山まで18駅、田舎の18駅は結構長い。

途中の相生や上郡、和気は自転車で何度か行ったことがあったので懐かしかった。

岡山に着き、津山線に乗り換えた。

ここまでくると概ね帰ってきた感じがする。

みんなに会える、そう思うとまた気力が湧き、元気になった。

快速だったので8駅、1時間ちょっとだった。

外はもう真っ暗で、停車するたびに田んぼからカエルや虫の鳴き声が響いていた。

津山に着いた。

急いで向かいのホームに駆け込み、姫新線に乗り換えた。

あと2駅。わずか10分で美作大崎に着く。

1両のワンマンカーには半分ほどの空席があった。

高校生と運転免許のない高齢者くらいしか利用しない、そんな鉄道が地方にはたくさんあって採算が合わなければどんどん廃線になっている。

それでもここは何とかつながっている。乗り換えを何度かして第三セクターででも持ちこたえている。

ありがたい、故郷につながるこの線路にただただ感謝していた。

駅に着いたら、姉が迎えにきていた。

姪と甥も一緒だった。

10分ほど歩けば家に着く場所なのにわざわざ迎えにきてくれていた。

夜9時を過ぎていた。

実家に帰ると父も母も起きて待っていた。

加齢と暑さでバテバテでの父は本当にぐったりと疲れた様子だった。

それでも、愛想をふりまき出迎えてくれた。

11回の乗り換えと電車やホームでの3度の食事。

故郷は遠い、だから帰省もひとしおだと思った。

父も母もまだ入っていない一番風呂に息子と入り、虫の鳴き声が聞こえる静かな部屋で息子の手をつないで眠った。


e0148909_20131458.jpg

[PR]

by ikenosai | 2010-08-22 20:13 | 子育て 一期一会 | Comments(0)