いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

タグ:卓球 ( 2 ) タグの人気記事


第10夜 初恋


e0148909_11565960.jpg


 新しい春の風に吹かれていた。

まだ、12歳の僕はふわふわとした感じで学校に通っていた。

野球部に入ろうか、サッカー部に入ろうかと思っていたのに、何だか自信がなくて、結局は誰も踏み入れていない新しいものを求めていた。

負けず嫌いなくせに自信がない。

しかも、全校生徒は千人もいる。

力に差がないと思ったのでバレー部に入った。

そして、覚悟を決めて丸刈りにした。


 最初の数ヶ月は、見込みがあると思われたので気合いが入った。

先輩たちは強く、地区でも優勝するチームだった。

体育館を2つに仕切るネット越しに、女子のバレー部の練習が見える。

女子も強かったので、顧問の先生も協力し合って、強化練習をやっていた。

月曜日から土曜日まで部活はあった。

土曜日は、顧問の先生の車の洗車が1年生の練習メニューに組み込まれていた。

モップの太い棒をしごき用の棒に細工して、時々生徒のおしりを叩いていた。

怖くておっかない顧問の先生。

それでも、どこからとなくこみ上げてくる愛情を僕は感じ取っていた。

この先生に気に入られたら、きっと強くなる。

そんな錯覚さえもあった。

顧問の先生は絶対的な存在、つまり、神様のような存在だった。

練習着はまだ体操服だったので、学年もクラスも名前も分かった。

1年生の女の子も全員分かった。

いつも気になる女の子。

ぱちりとしたやさしい目に僕は心奪われ恋に落ちた。

一方的な僕の思い。

寝ても覚めても、彼女のことばかり。

ノートのはしに漢字や覚えたてのアルファベットで名前を書いたりして、授業中は上の空。

放課後は、誰にもばれないように彼女を探し、眺めていた。

恥ずかしくて、僕ひとりの中にその思いを閉じこめては、あの笑顔を思い出し、恍惚になり、思春期特有の発作に襲われていた。

 もう、彼女しか見えない。

電話をかけて、彼女が出ても、そこから何も言えなくてこっちから切ってしまう。

恥ずかしくて恥ずかしくてどうしようもない。

片思いだけが何倍にも膨らんでいく。

そんな日が何日も続いていく。

そして、切なさだけが膨らんだ状態で残ってしまう。

切なさをかき集めて、僕は手紙を書いた。

好きで、好きで、大好きで、もう止まらない、彼女への思いを手紙にしたためた。

手紙は郵便で出した。

必ず届いて欲しいという気持ちからか、切手を2枚貼って、2倍の料金で出した。

投函した日は、彼女を見かけても、まだ、大丈夫だった。

しかし、2日、3日と経って、不安になってきた。

しかし、手紙を止めるわけにはいかないので、とうとう覚悟した。
3日目に彼女と目があったとき、いつもと違う感じがした。

手紙が届いたのだろう。

それでも、僕はそのことに触れることができず、ためらったまま、何もできないでいた。

何日も、何日も過ぎて、段々とそんな不安な感覚、切ないままにいることに慣れてきた。

切ない夜を何日も集めて、センチメンタルな夜を膨らませ、その感覚に酔いしれていた。

自分の世界に閉じこもり、世界で一番センチメンタルな少年になりきっていた。


 秋から冬にかかるころ、試合がないオフシーズンに入った。

張り合いもなく、連日続く、筋肉トレーニングにうんざりし始めていたころだった。

僕は、不良の仲間に加わり、部活をサボり始め、放課後の街に繰り出していた。

一度、たがが外れると、もう後は落ちるところまで一気に落ちていった。

先輩に呼び出され、部室に行くと、殴られた。

それも、休んだ日数分殴られた。

泣きながら、練習に加わるが、ついて行けず、次の日は結局サボってしまった。

遠目に見えていた彼女の様子が、僕とは裏腹に充実している。

僕は、自分でだめな奴の烙印を押してしまった。

とうとう先生に呼ばれ、殴られた。

あれだけ車を洗ってやったのにという、恩着せがましい思いがあったが、どうしようもなくこみ上げてくる僕の不穏な感覚は、結局のところ、自業自得でこうなったのだという自分の不甲斐なさから、やがて懺悔の思いへと変わっていった。

それでも、先生は僕を心配してくれていた。

やっぱり、神様だった。

時々、家まで会いに来てくれた。

これまで結局、かっこ悪い僕だけしか彼女には見せていなかった。

もうその後に成就することはないとあきらめた。

そうしているうちに、僕はバレー部をやめてしまった。

 それでも、何かやったらどうかと、親に進められ、卓球部に入った。

学校では花形だったバレー部をやめてしまい、半分帰宅部がいる卓球部に入っても、きっと続かないだろうと自分では思っていた。

それでも、不良から足を洗っていたので、暇だった。

2年生の初夏、3年生が引退したので、僕は先輩にしごかれることもなく、自分たちの時代を迎えた。

練習は、誰にも制限されなかったので、毎日行って、見る見るうちに力を付けて、秋の大会にはレギュラーになった。

それでも時々横目にバレー部の練習を見ていた。

やっぱり、彼女は可愛かった。

ずっと変わらず、僕の憧れのままだった。

僕は去年より10センチ背が伸びた。

彼女は、去年より大人びてきた。

走ると胸がゆらゆらと揺れて、くびれた腰からお尻にかけてのシルエットに僕は目のやり場に困ってしまう。

本音は、誰もいないところでずっと見ていたかった。

何だか僕だけが子どものまま置いてけぼりにされている、そんな感じがしていた。

しかも、バレー部をやめてしまって、根性のないヘナヘナな男にしか見えていなかっただろう。

それでも、彼女がずっと好きだった。

その思いは以前からずっと変わりなかった。

帰宅部だけにはならないまま、試合にも出ていた。

それでも、ずっと地味なままの卓球部だった。

それに引き換え、女子のバレー部は、地区大会を制覇し、彼女はその中でもレギュラーだった。


 3年生になって、彼女と同じクラスになった。

しかも、男女で遊ぶ同じ仲良しグループに僕も彼女もいた。

あのまま返事の来ていない一方通行の恋文は僕と彼女だけの秘密のままだった。

切なかったが、あの1年の時よりもその感覚は薄れていた。

それでも、彼女と話すとき、あのかわいい眼差しにどきどきしていた。

同じグループで話したり、遊んだりして成就しない恋ではあったが、敗者復活戦で上位入賞したくらいの嬉しさはあった。

あのとき、告白していなかったら、今こそ告白して成就したに違いないとも思ったが、やはり、何の取り柄もない僕だけに、よくよく考えると、恋人に昇格はしないだろうと思い直した。


 3学期になって、いよいよみんなの進路が見えてきた。

僕は県立高校と滑り止めに私立高校を受験した。

彼女は、バレーの特待で僕とは違う私立の高校に行くことになっていた。

卒業式が終わって、春休みになって、みんなで遊ぶ日が何回かあった。

しかし、彼女は一回も来ることなく、新学期が始まった。

結局、卒業式に会ったのが最後だった。

しかも、高校2年の途中で、父親の転勤で九州に転校してしまった。

いよいよ彼女は遠くに行ってしまった。

結局、あのときの恋文の返事は帰ってこなかった。

精魂込めて、何日もかけて、推敲した力作だったのに・・・。


 大人になってから、あのときの仲良しグループにいた女の子たちと飲んでいたときに、ふとしたタイミングで、当時の恋文の話を出したら、女の子たちはみんな知っていた。

なので、とっくに僕の失恋は決まっていて、僕より先にみんな知っていたのには赤面した。

それでも、彼女の思いに否定的な感じがなかったのか、今日までみんな黙って、一緒に楽しく過ごしていてくれていた。

僕は、もう会うことのない彼女に思いを馳せ、心の中でそっと「乾杯」をした。

僕が初めて恋した人に「ありがとう」って・・・。

(「恋別離苦」失恋小話より)








[PR]

by ikenosai | 2017-01-15 12:11 | 恋別離苦(短編集) | Comments(0)

第6夜 美しいままで



高校総体の予選から・・・(失恋小話)


 今日は、日本の卓球がオリンピックで個人としては初めてになるメダル獲得の日!

以下は僕が高校時代の頃の話、そして、それをモチーフにして作った失恋小話。

卓球の国体予選、岡山の男子高校生だけで500人が予選に出場。

その中から5人が選出される。

僕は3回戦で負けて、ベスト128がやっと・・・。

それだけ、裾野は広いと思った。

どうしても国体に出たかった僕は、途中で競技種目をもう1つ増やした。

卓球以外ではあったが、国体選手にはなれた・・・。

あれから30年が経つが、やはり卓球でその頂点に立つのはすごいと思う。






第6夜 美しいままで


e0148909_21453211.jpg

年目の高校総体予選は僕にとって栄光の年だった。

団体で臨んだ試合ではシングルスとダブルスに出場していた。

地区総体は地域あげての大イベントでどのクラブ活動にも所属しない生徒はとりあえずどこかの会場に行き試合を観戦することになっていた。

なので僕たちの試合会場にも大勢きていた。

暗いスポーツと思ってやっていた卓球だったが、中学からやり始め、これには結構はまって、高校では1年からレギュラーで出してもらっていた。

そして、今回の会場には中学のときのクラスメートだった女の子がわざわざ僕の試合を観に来てくれていた。

応援の後押しもあってか、張り切っていた僕は全試合に勝ち、チームはベスト4まで勝ち進むことができた。

その日の夜に彼女から電話があり、僕たちの交際が始まった。

毎日が卓球の練習の日々、それでも時間を作っては待ち合わせをし、少しの時間でも会っていた。

てれていたのか、僕はプラトニックな関係でいることに何の違和感もなかったが、周りでは大人の関係にと急ぐ者が多かった。

僕は恥ずかしくてキスもできなかった。

僕は楽しかった、ずっとチェリーな少年のままでいいと思っていた。

それでも1年後、プラトニックな関係のまま彼女と別れてしまった。

彼女は泣いていた。

こんな拙い僕との別れにも淋しそうに悲しんでいた。

その様子を見てから本気で後悔した。

別れてきたのだと自分に言い聞かせ、未練を必死で断ち切って練習に励んでいた。

一人だけの朝練の日々、不安や孤独感に必死で立ち向かっていた。

何度も走って、くたくたになるまで練習をしていた。

孤独の中にあっても僅かな希望とささやかな楽しみだけを妄想していた。

しかし、それは自分の世界でしか抱けなかった。

そうやって満足させようとしている自分を不快にも必死で受け入れている青い僕がいた。

何かにとことん励むことで希望につなげていたように思う。

 高校3年の冬、希望が現実となった。

勉強もろくにしなかった僕が体育推薦で大学に進学することになった。

彼女に電話で話すと「じゃあ遠くに行っちゃうね」と淋しそうに話し、これから遊びにおいでと家に誘われた。

友達に話すと「おまえもチェリーを卒業するんか」と言われ、万全の準備をして家を出ようとしていたときに「今日は会えないわ」と電話がかかってきた。

僕のもう一つの卒業式はおあずけになってしまった。

そして、何もないまま僕は上京した。

数日後、大阪に出た彼女から実家に手紙が届いたので母に転送してもらった。

僕も手紙を書いて、相変わらずのプラトニックな仲良しのまま遠距離での文通をしていた。

 夏休み、国体予選で田舎に帰り、勝って県代表になった。

中国大会まで1ヶ月あったので、バイトをしながら実家に残った。

彼女と電話で話しているうちに大阪で会うことになった。

僕は高速バスに乗って大阪に行った。

大阪の街を案内してもらい、大坂城に行ったり、一緒にご飯を食べたりして過ごした。

夜には帰ると両親に伝えていたので夕方、梅田駅で別れた。

帰りは電車だった。

迷いやすい僕を気遣ってくれてか、ホームまで見送りに来てくれた。

最後の最後、電車が発車する間際になって僕は彼女の手を握って「元気でな」と言葉をかけると、彼女は「最初からこうすれば良かったなあ」と言い、手をつないでデートすれば良かったと僕も後悔していた。

彼女は淋しげな表情を抑え、笑顔を作って手を振ってくれた。

いよいよ電車が走り出して遠ざかっていく彼女を横目に、彼女がまだ僕を好きでいてくれていたことにやっと気がついていた。

それでも、僕たちは仲良しの友だちでずっとこんな関係を続けていた。

それぞれに何のトラブルも持ち込まないさわやかな関係を高校2年の時からずっと続けていた。

26歳のとき僕は田舎に帰った。

1年半も田舎にいたので、彼女が帰省したときに会える日があった。

僕は免許を取って以来ペーパードライバーで、田舎でやっとマイカーが持てるようになったので、彼女を誘って山陰までドライブをした。

運転が下手な僕の助手席でも彼女は楽しそうにこれまでの色々な話をしてくれた。

それでも、僕に気遣ってか恋人の話は一切しなかった。

山陰は僕の得意な場所だったので迷うこともなくすいすい行けた。

雨が降ったりやんだりする中で湯村温泉まで行った。

温泉には入らなかった。

浦富海岸に寄ると雨があがっていて海を眺めながらぼんやり過ごした。

帰りはまた雨が降っていた。

暗くなっていたので家まで送った。

近くの広場に車を止めて語りつくせぬ話をまだ続けていた。

それでもどこかで切り上げてまた別れなければと、少し淋しい気持ちでそのタイミングを待っていた。

彼女もそんな切ない気持ちでいたのかもしれない。

彼女が車から降りなければという雰囲気になってきた。

お互いに淋しい気持ちが通じ合っていたのか解らないが、彼女と目と目が合って、しばらく見詰め合う時間があった。

表情が分かるくらいの暗闇の車の中だった。

周りには誰もいなかったので僕はそのまま彼女の唇に自分の唇を重ねた。

彼女は抵抗なく僕の行為を受け入れた。

そして、抱き合い、長い間、その状態でいた。

彼女の目から涙が流れていた。

彼女は涙声になって強く抱き合ったまま会話を続けていた。

付き合い始めた高校時代から10年が経っていた。

初めて僕たちは恋人たちのように唇を重ね、お互いの気持ちを感じていた。

あの日の青く、切ない思いが10年経ってよみがえってきたのを僕は感じていた。

初々しいはずの彼女は成熟した大人になっていた。

それでも、僕には10年前のあの純真無垢のまま接してくれていた。

そして、これから何年か経ってまた会ったとき、もし彼女がひとりだったら、次は僕から交際を申し込むつもりだった。

あれ以来、彼女とは会っていない。

あの阪神淡路大震災で彼女は被災地にいた。

被災地でお世話になっていた男性の住む家族の家に嫁ぐことになったと最後の電話で彼女から聞いた。

永遠のお別れになると僕は直感した。

そして、あのときのまま、思い出を閉じ込めて、僕からも彼女からも連絡は取っていない。
               「恋別離苦」(短編集)より


                                                                                                                                                       

                           







[PR]

by ikenosai | 2016-08-12 22:04 | 恋別離苦(短編集) | Comments(0)