いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

 連休明け

ゴールデンウィークが明けて2日目のことでした。

疲れがとれていないのか娘は朝遅く起きてきて急いでご飯をかき込み、家を出ました。

通学仲間と待ち合わせ中、少し気分が悪くなり嘔吐してしまい、泣きながら家に帰ってきたのです。

服を着替えさせ、学校まで自転車に乗せて行きました。

門を抜け、広い校庭の向こう側の玄関に行くまで見届けようと、ずっと娘の方を見ていました。

娘は時々振り返りながら私を確認し、そしてまた、玄関の方へと歩いて行きます。

いよいよ玄関というところで、振り向いた娘は、私の存在を確認すると懸命に走って長い校庭を引き返してきました。

私が思わず抱き上げると「学校へ行きたくない、パパといたい。」と声を出して泣き出しました。

連休明けの疲れもあるんだろう。

新しい環境での緊張や慣れない勉強にも疲れていっぱいいっぱいなのだろうとつくづく思いました。

娘を強く抱きしめ、なだめながら教室へ行くよう促しました。

しかし、なかなか受け入れる様子はなく、とうとう手を引き長い長い校庭を横断し玄関まで連れて行ったのです。

上履きに履き替えた娘は、ふたたび私に抱きついて離れません。

「今、頑張ろうという気持ちを持たなければ、明日も、明後日も学校へ行けなくなってしまう。だから、行くんだよ。階段を上がっていくまで、ここで見ているからね。」と言うと、泣きながら階段を上がり始めました。

私は心の中で「頑張れ、頑張れ。」と応援していました。

そして、娘のその様子を見ながら、泣きそうになっている自分を必死で押さえていました。

始業前の静かな下駄箱の前で私はひとりたたずんで、娘の心の内を必死で解ろうとしていました。

子どもたちにとってゴールデンウィークは1つの壁になっているように思います。

この大きな壁を乗り越えられれば、次の壁はいちだんと低く感じられるのかもしれません。

まさに子育ては一喜一憂して関わっていくことだと強く思いました。  

                            平成18年 5月 
[PR]

# by ikenosai | 2008-10-25 06:39 | 子育て 一期一会 | Comments(0)

お母さんのお弁当

 子どもたちの昼ご飯には、親の子育てへの意識がそのまま現れています。

お昼にいただく弁当はお母さんの子どもへの関心の深さがうかがえます。

だからといって重箱にたくさんの手の込んだおかずを詰めればいいということではありません。

保育園や幼稚園でお弁当の日が増えるとお母さんたちから不満が出るそうです。

現代のお母さんも忙しいようです。

今の子どもたちの弁当事情は、冷凍食品が多く、しかも、温めないでそのまま入れておくと昼には具合が良くなっているものがあります。

これだったらお父さんも作れるので、お母さんに代わってお父さんの日もいいのではないでしょうか。

世の中が夜型の生活スタイルになって、寝る時間はタイムスケジュールの中で押していきます。

そして、ギリギリまで睡眠にあてられ、朝の時間が少なくなってしまうのです。

朝の身支度の優先順位は、食べることも、新聞を読むことも省かれます。

親が遅ければ、子どもはもっと遅いです。

弁当も本当は作りたくありません。

なので、一番子育てに手を抜く親は、お金を持たせて、コンビニなどで買わせるのです。

もっとひどい親は、お金も持たせません。

その典型が、給食費を払わない親です。

小学校卒業後、中学でも給食があればいいのですが、なければお金も持たせないで学校に行かせるのです。

朝寝坊で朝飯抜きで昼も抜きだと子どもは学校にいられません。

勉強をする気にもなれません。

だから、同じような仲間を集めて、学校を抜け出し、遊ぶのです。

お金もなければ悪いことをして遊ぶ方法を考えもします。

同じ家庭環境で同じ境遇だと同じような価値観で遊ぶようになるのです。

そして、親子の距離が離れ、反抗するようになっていきます。

親は関わるのが面倒だからほったらかしてしまい、子どもの精神的な成長を支えられないまま大人にしてしまうのです。 

 お母さんが作る弁当には、一生の幸せを約束するくらいの愛情が詰まっています。

子育てへの意識がたくさん詰まっています。

季節のものや前日の夕食の残りでも子どもは満腹になれるのです。

お母さんの気持ちがその弁当から伝わるから大切に食べるのです。

買った弁当は見栄えはいいですが、冷たく味気ないものです。

やがて大人になって、子育てするようになったとき、お母さんの弁当に感謝し、自分の子どもにも弁当を作るのです。

弁当を作ってもらえなかった子どもは、母の弁当のイメージが記憶の中にないのです。

それはとても不幸なことです。

それでも、次の世代を大切に考えるお母さんは意識を変えて子育てをしていきます。

素晴らしいお母さんだと思います。

しかし、なかなかそうはいかないようです。

私が生まれた昭和40年代は便利な子育てが蔓延しました。

今、その時代に育った人たちが親になって子育てをしています。

だから、便利が一番なのです。

子育てもできるだけ楽な子育てを優先してしまいます。

弁当作りは、普段作らない人にとっては楽ではありません。

だから弁当を作らない人が少なくない世代なのです。
[PR]

# by ikenosai | 2008-10-25 06:36 | 親の通信簿 | Comments(0)

不器用な父の背中

 私の父は、不器用で頑固なくせに情もろい人です。

おそらく私を育ててきた中には、複雑な子育てに、並々ならぬ感動をしていたのだと思うのです。

そんな父を私は、ただただ愛おしく思うのです。

6男2女の第1子に生まれ、一番下の弟とは18歳も離れています。

弟と言うよりは息子のような存在だったと思います。

実際に弟が車を買うとき頭金を出してあげていたそうですから、実に優しいお兄さんだったと思います。

そういった中で色んなしがらみの中で窮屈な人生を送ってきたのだと私は思うのです。

私が、小学校5年生の時でした。

スポーツ少年団で牛窓に海水浴に行ったときのことでした。

海の中で友達と遊んでいる私の方を見ながら、何か気にしている様子でした。

みんなは水中メガネを付けて潜っていましたが、私はないので、ただ泳ぐだけ。

父からは買ってもらえないとあきらめていましたし、いつもそうやって過ごしてきたので、私もそういう風に育ってきたこともあって父にねだる術も持っていませんでした。

なので、いつもどおりあっさりとあきらめていたのです。

しかし、父が私の方を見て、波打ち際で呼んでいます。

近寄るとおもむろに買ったばかりの新しい水中メガネを差し出してきたのです。

すごく嬉しかったのですが、テレもあってか、あまり喜びを表情に出すことはできませんでした。

でも本当は嬉しかった。

今でも良く覚えている優しい父親の姿です。

 中学1年も半年ほどたったころ私は300人ほどいる学年で指折りの不良になっていました。

毎日のように職員室に呼ばれ、運の悪い日は校長室に呼ばれていました。

散々な不良ぶりにも父はあきらめることなく、懸命に関わってくれました。

母は仕事を辞め、わりに合わない内職をしていました。

父は毎週のように、私が好きな釣りに連れて行ってくれました。

私が釣りをしている側で本を読んでいました。

グレてしまった私に何とか向き合おうと必死だったように思います。

いよいよ不良を卒業するころ、父が何か欲しいものを買ってやろうと言い出したので、私はどうしても欲しい携帯用のラジカセを買って欲しいといいました。

さすがの金額の高さに父は驚きましたがそれを買ってくれたのです。

そのラジカセは、当時出だしたウォークマンの2倍ほどする凄いやつでした。

それ以来、私は親に買って欲しいものをねだることは卒業しました。

そのラジカセは今でも私の実家の引出の中に大切にしまっています。

具体的なことがあまり言えない不器用な父でしたが、懸命に育ててくれたことを私は嬉しく思っています。

そして、何よりも嬉しかったことは、毎日早く仕事を切り上げて帰宅し、一緒に食卓を囲み、一緒に風呂に入って、私の話をよく聞いてくれたことだと今頃になって思うのです。

 父は貧しいながらも、代々続く田んぼで今、必死で米作りをしています。

20年ほど前に3つに分かれていた田んぼが区画整理され、1つになって使いやすくなりました。

その田んぼで父の兄弟たちを含め私たち家族も1年分の米をいただいています。

その田んぼで2004年の春、害虫の被害がありました。

田植えを終えて1週間後のことでした。

稲がどんどん枯れ始め、全滅しました。

新しい苗を植え直したときは、例年より2週間も遅れていました。

イモチ病という稲の病気でした。

田植えが遅かっただけ成長も遅くなり、周りで稲刈りが始まりだした秋口に、台風の直撃に遭いました。

それは私が一週間の休暇をとって帰省していたときのことでした。

台風の翌日、父は田んぼで作業をしていました。

ほとんどの稲が風で倒されていました。

周りの田んぼでは、早く稲刈りを始めようと口々に言っていましたが、父の田んぼはまだ青く、稲を刈るにはまだまだ早かったのです。

倒れた稲はスズメに狙われるし、床の水を吸って発芽してしまうかもしれないという不安を抱えながらも、冷静な表情でスズメ除けのテープを田んぼの上に渡していました。

私は父を気の毒に思い、大丈夫かなあと問いかけました。

父は、こんなことは大したことではないと話し、心の動揺すら私には感じさせなかったのです。

今年の米は不作だと思いました。

実は母も同様の心配をしていたそうです。

収穫後、籾すりをしました。

今年は9俵程で充分と話していましたが、実際には10俵も収穫があったのです。

本調子ならもう半俵は穫れたと父が言っていたそうです。

私は、台風のことなどを考え、不思議に思い、母に尋ねました。

母はこれまで父が取り組んできたことについて語り始めました。

それによると、私たちが成人し、子育てを終えた父は、今まで以上に田畑の手入れに力を入れるようになったそうです。

肥よくした土づくりには特に気を使い、冬場の土壌づくりが育つ作物に影響すると話していました。

私は、かつて私たちを育ててくれ、困ったときは、しっかりと向き合ってくれた優しい父を思い出していました。

そして、農業と子育てはよく似ていると思いました。

父は、自然を受け入れ、現実と向き合い、手を尽くし、失敗への反省、成功への感謝も忘れることなく自然と共存していたのです。

私へのメッセージがそこにあるのだと私なりに感じとっています。

父は今も人生を大切に積み上げています。

そして、私たちを静かに見守りながら正しく生きていくことを伝えようとしていることが私には嬉しくてたまりません。

高度経済成長の波には、あまり上手く乗れなかった父は、社会的に見ると負け組のようで、経済的に見ても、とても裕福な生活はしていません。

しかし、そんな父との思い出は、多忙で家庭を顧みることのできなかった他の父親に比べて、とても豊富なのです。

その豊富な経験が今、私の子育ての中枢になっていることは言うまでもありません。

そして、経済的には貧しくとも、家族でつながっていたいと強く思うのも、父との関わりがあったからだと思うのです。







[PR]

# by ikenosai | 2008-10-23 16:54 | お父さんお母さん | Comments(0)

親との距離、他人との距離

 思春期は、幼少期からの周囲の関わりがとても大きく影響します。

そのため、幼少時期からの関わってきた経過を振り返り、今後に生かしていくことが大切になります。

子どもが幼い時期は、不安ごと全部を受け止めてくれる大人が必要です。

その環境が安心につながっていきます。

この時期に膝にのせたり、抱っこしたりして、スキンシップをしていないと、子どもは不安定に育ちます。

そういった関わり不足の影響で自立しようとする精神が育たなくなり、いつまでも大人になれなくなるようです。

 思春期は中途半端な答えしか出せない時期でもあるので、まだやってもいないのに“無理”だとか、決断ができず“微妙”というような答え方をします。

そんな表現はさほど気にすることもないのですが、周りの大人たちがそういった表現を否定するような場合は、ますます不安定になっていくのです。

 女の子の場合は、幼少期から大人の体に変わる頃までの間に、父親を中心とした男性とのスキンシップも充分にとっておいて欲しいものです。

思春期以降の異性との関わりの中で、不足していたスキンシップなどの影響が年齢に相応しい男女交際を困難にさせ、淋しさや心のすき間を埋める方法として性意識へのハードルをより低くしてしまうようです。

 男の子の場合は、その逆で、女性を中心とした母親とのスキンシップが重要になります。

 思春期にはいると今度は、同性の親との信頼関係が重要になります。

女の子であれば、父親には話せないことばかりになってきますし、男の子であれば、母親には話しにくいことばかりになってきます。

そこで、親としては、否定もせず、肯定もせず、全部の悩みを受け止めてくれる大きな度量が求められるようです。

そして、少しずつ、方向性をつけてあげながら、しっかり見守っていかなければ、糸の切れた凧のように不安定になっていくのです。

再び意識を持とうとしても、もとの原型を留めていないくらいに傷ついてしまうのです。

そこで、子どもの行動を同情することもなく、頭から否定すると、子どもは大きく反抗し、親よりも友だちとの信頼関係を優先するようになっていきます。

 もともと離れていた親子の距離なので、自分を理解してくれる人が現れると、そちらを優先するようになるのは自然なことです。

少しでも、一時でも自分に理解を示してくれた人間に心を許してしまうのです。

それが異性だったら、性に走るのは自然なことなのです。

それ以外に信頼関係らしきものをつくったことがないのですからしょうがないのです。

タイムリーな性教育は、実のところ、子どもが大人の体になるまでが勝負です。

親が面倒臭がったり、子どもの質問をはぐらかしたりすると、正しい理解は遠のいてしまうのです。

 “14才の母”というドラマが話題になりましたが、現在日本の10代の出産は、年間1万6千人から2万1千人もい ます。

驚くことに14歳以下の出産も、毎年40人~50人もいて、10代の中絶数となると3万件前後もいます。

ドラマの影響なのか、その後、ドラマのヒロインのようになりたいという浅はかな考えの少女たちが一時の感情で理性を失い、妊娠し、出産をするのです。

もし思春期までの親との関わりが充分だったら、恋愛対象の男性とは年齢に合った交際、年齢に合ったコミュニケーションからしっかり選別し、理性ある男女の関係を築けるはずです。

それは、恋愛対象の相手より、親との距離の方がより近く、信頼関係も充分だからなのです。

そして、信頼ある親のアドバイスに耳を傾け、悩みを相談できるはずなのです。

14歳以下で妊娠し、出産した赤ちゃんの親権は、自立できない実母よりも祖父母の方が育てられるだろうということで、実母の弟や妹として戸籍に入れられることが多いそ
うです。

 意識した親の関わりによって強い心が育っていき、理性の備わった交際ができるようになり、やがて本物のパートナーを見つけたとき、母親との信頼関係と同じくらいの信頼関係がパートナーとの間にも出来上がっていくでしょう。

そして、その出来事に母親が祝福し、やがて父親や家族からも祝福されるようになるのです。

 子どもは早かれ遅かれ育っていくものです。

大切なものを育んで、自立して親もとをはなれていくのです。

授かり、やがて自然に返す運命なのです。

子どもは自分のものではないのです。
[PR]

# by ikenosai | 2008-10-23 16:50 | Comments(0)

病んでいる現代人

 私が新幹線に初めて乗ったのは、大学受験で東京に来るときでした。

新大阪まで高速バスに乗って、そこからひかり号の自由席券を券売機で買いました。

駅のホームでは何本もの新幹線が出ては入り出ては入りして、よくまあこんな間隔で満席の車両が入るものだとビックリしました。

運良く、窓側に座れたので、私は窓に顔をくっつけて外の景色に釘付けでした。

新幹線の速さにも興奮しましたが、京都を過ぎ、遠くかすかに見える琵琶湖らしき大きな湖、名古屋城、浜名湖、富士山、熱海から見える海、新横浜を過ぎて、多摩川を渡り、東京タワーが見えたとき、ああとうとう東京に来たと実感しました。

山手線に乗り換えても、景色に釘付けでした。

皇居が見え、東京タワーが見え、高輪のプリンスホテルが見え、首を右に左に、景色を見るのに忙しかったのです。

そんなもんで、今でも車窓からの景色を眺めるのは大好きです。

 ある夏休みのこと、飛行機で母の実家の島根に行ったとき、翌日から台風で、数日後の飛行機が心配でした。

台風は出発の前夜に通過しました。

雲のない青い空に、飛行機が飛び立ちました。

離陸から、しばらくして、祖父母の住んでいる浜田市瀬戸ヶ島が真下に見えました。

しばらくすると今度は、日本海側から瀬戸内海側に行き、明石海峡大橋が見え、琵琶湖が見え、富士山が見え、伊豆半島が地図と同じ形で見えました。

台風一過のプレゼントに思いがけず感謝しながら、大展望台から日本列島を眺めたような気がしました。

この日のチケットは倍額でもいいとさえ思いました。

 先日、家族で帰省して、その帰りに名古屋を観光しました。

さあいよいよ東京に帰ろうと新幹線の予約をすると、ほぼ満席で、家族はバラバラに座りました。

残念ながら、私の大好きな窓側には座れませんでした。

そして、新幹線は到着するまで、ほとんどの窓の日除けが下りたままで、みんな眠っていました。

忙しいビジネスマンには移動時間は寝るに限るようです。

そして、私のとなりのビジネスマンは、両肘を、肘置きにのせて、新聞を大きく広げ、読んでいました。

私は、その隣で、体を潜めて、弁当を食べていました。

景色の見えぬ、暗い新幹線の指定席車両から私は思いました。

多数派が景色に興味がないこの現状に、少数派の私の方がおかしいのだろうかと・・・。

そして、子どもたちもゲームに夢中で、外の景色には興味がなかったようです。

新横浜を過ぎた頃、息子を抱きかかえ、出入口の扉に行き、そこから一緒に外の景色を眺めていました。

成田エクスプレスを追い越し、山手線を追い越し、その景色に息子は大喜びでした。

いつまでもこんな無邪気な心を大切にしてくれたらいいのになあと・・・思ったわがままな私でした。
[PR]

# by ikenosai | 2008-10-23 16:47 | Comments(0)