「ほっ」と。キャンペーン

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
あけましておめでとうござ..
by sakomamabook at 19:17
> makuropapa..
by ikenosai at 09:12
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


一斉に咲き始めた桜

 夜勤明けの30日、息子と近くの公園でキャッチボール!

桜が咲き始めていた

e0148909_10343804.jpg
裁判所付近の公園にて



e0148909_10345025.jpg
満開の枝もあり・・・



e0148909_10350167.jpg

まだの枝もあり・・・


e0148909_10350999.jpg
地域柄か、戦後間もない名残も・・・(消火栓)



e0148909_10352196.jpg
31日の朝食・・・ゆとりがあるので私が作った・・・




今日は亡き義理母を偲んで昼食会・・・

これから吉祥寺まで出掛けます!










[PR]

by ikenosai | 2016-03-31 10:43 | 食べること | Comments(0)

3月の食卓

3月は全般的に野菜が高かった。

その中では、キャベツや菜の花を使った料理が多かった。

最近、作っていなかった中華料理。

豆板醤とごま油を買ったら、しばらくこんな感じの料理が多かった。


e0148909_09424895.jpg
鶏ガラでだしをとり、麻婆豆腐、湯麺を作り、海老と菜の花の炒めもの。

子どもたちが一番美味しいと言ったのが、回鍋肉。

ニンニクや、ショウガ、ゴマ油、豆板醤、片栗粉・・・。

食材が最初から揃っていると、バリエーションがどんどん広がって・・・。




e0148909_09423595.jpg
いただいた株主優待券でまれに行くマック。

今ではご馳走とは思わない・・・。

高校時代を思い出すと、マックに行くのは、卓球の試合で県大会に行ったときくらい。

地元にマックがないのに、テレビでCMは頻繁に観ていた・・・。

なので、試合の帰り、1時間単位の列車を待つ合間に、一斉にみんなで行ったのがマックだった。

あのときは美味しくて、こんなジャンクフードに感激していたのに・・・。

地元にマックができたのは大学進学で上京したあとだった。

開店初日は、道路に1キロ以上の渋滞ができたとのこと・・・。

その後のバーミヤンも同じ現象・・・。

みんな最初は興味津々・・・。

そう言えば、上京した当初の私も・・・。

渋谷に行ったり、原宿に行ったり、ミーハーでエキストラのアルバイトに行ったり・・・。

あこがれだったものを少しでも実現させたかった1年目。

薬師丸ひろ子、原田知世、等々・・・本物を見たくて、映画やドラマ、CMの撮影現場に行った約半年間・・・。

その後、私はミーハーから卒業して、三軒茶屋の牛丼屋で地道にバイトをするようになった。

あこがれがあって、今に至っている・・・。

経験はその後の人生の肥やしにはなっていると思い、ありがたく心に刻んでいる・・・。














[PR]

by ikenosai | 2016-03-27 10:09 | 食べること | Comments(0)

贈り物

 田舎からお米が届いた。

一族の長男だった私が、東京に来たもんで、お米作りも途絶えてしまう。

父の願いとは裏腹に、私は田舎を捨てて、東京に・・・。

米作りは、大変な上に、儲からない。

だれも作りたがらないのは当然かもしれない。

 それでも、両親は最後の力を振り絞るように、私に米を送ってくれている。

姉夫婦も協力して、大変な思いをしながら、米作りをしてくれていた。

それだけでもありがたくて、ただただ感謝だった・・・。

 昨日、届いたお米の上にハサミがのっていた。

懐かしい、私が子どもの頃から見覚えのあるハサミ・・・。

梱包していた父が、取り除くのを忘れたまま、送られてきたのである。


e0148909_21390762.jpg

 すっかり歳をとった父が、段々遠くへ行くようで寂しくなった。

それでも、春はもう来ている。

今日の帰り道、桜が咲いているのを見て、義理の母を思い出していた。



e0148909_21385310.jpg

e0148909_21373263.jpg
 桜が満開のころ、義理の母は天国に旅立った。

いつか行く道、しかし、目に見えない存在になるとやはり、寂しい・・・。

私も少しずつ近づいている・・・。

それは、父よりも、母よりもずっとあとのことだろう・・・。

せめて、そうであることを願っている。

それが、お父さん、お母さんといつか交わしてきた約束だから・・・。








[PR]

by ikenosai | 2016-03-10 22:20 | 現世に乾杯! | Comments(2)