「ほっ」と。キャンペーン

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
あけましておめでとうござ..
by sakomamabook at 19:17
> makuropapa..
by ikenosai at 09:12
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


福力荒神様の旧正月

  岡山県津山市のはずれに美作大崎駅がある。

津山駅から姫新線で姫路方面に2つ目の駅。

中国山脈を望むこの美作大崎駅のすぐ近くに福力荒神様がある。

かれこれ40年ほど前の旧正月は大にぎわいで、臨時列車も走っていた。

元日よりもにぎやかな旧正月のほうが私には印象深い。

200軒以上の露店が並ぶエリアの中に大崎小学校があり、PTAが運動場を駐車場にするため、3が日の間、学校は休みだった。

この3が日は朝から晩まで参拝に出かけていた。

もちろん、露店目当てにだった。

関西方面から、この時期にごっそりとやってくる露店商の人たち。

どこか、寅さんを思い出させる独特の世界。

たこやき、リンゴ飴、フレンチドッグ、わたがし、くじ引き、一杯飲み屋、おもちゃ屋、アイドルのブロマイド、ハブとマングースの戦いをけしかける薬売り等々、たくさん並んでいた。

たいやき屋だけでも10件以上はあった。

あのころは、“およげたいやきくん”が大流行して、ラジカセで曲を流しながら売っていた店も多かった。

この地域では、旧正月にもお年玉がもらえて、この3が日を過ごせるくらいはあった。

ところせましと並んでいたはずの露店が今では点々として元気がないとのこと。

私は、中学校卒業後は行っていない。

まして、大人になってからは、この時期に帰省はできていない。

それでも、毎年、母から電話があって、その年の様子を聞いている。

  春節に合わせてやってくる露店商たちの民族大移動だった面影は、いまいずこへ・・・。

それでも、この地域一番のイベント。

福力荒神様へぜひいらしてみては・・・。


e0148909_18324035.jpg
 姫路方面

e0148909_18322970.jpg
 津山方面

 昔は、駅舎もあって、駅前は人通りもあってにぎやかだったのに、
 今は、汽車に乗る人がほとんどいない。    


[PR]

by ikenosai | 2015-02-18 18:38 | 思い出のポケット | Comments(0)

今年の2月は大切な月

 2月10日、娘は高校受験だった。

本命の都立はまだこれから・・・。

その日、私は上野の東京都美術館まで出かけた。

東京都公立学校美術展覧会に入選した娘の絵を観に!

e0148909_09370120.jpg
e0148909_09375451.jpg

e0148909_09371342.jpg
e0148909_09372706.jpg
e0148909_20493291.jpg
e0148909_09373900.jpg


e0148909_09381638.jpg
 
 翌日、11日は祝日ながら、合格発表。

娘から届いたメールには桜の花が咲いていた!

あとは本命まで、何とか頑張ってほしいと祈るばかり・・・。




[PR]

by ikenosai | 2015-02-12 09:50 | 子育て 一期一会 | Comments(0)