いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> rin0122usa..
by ikenosai at 22:34
父親の転勤で小さい頃広島..
by rin0122usa at 19:07
> cloversdes..
by ikenosai at 22:59
いいお話ありがとうござい..
by cloversdesign at 12:06
> renchiyan3..
by ikenosai at 21:53
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


送りバントが効きはじめ・・・

 先週のこと、昼時に急いで駆け込んだ飲食店の中のポスターに私は釘付けになった。
それは、「アゲイン 28年目の甲子園」という映画のポスターだった。
28年目といえば、私はほぼジャストの年齢。
気になって書店へ行き、原作を購入。
同じ岡山県出身の重松清さんの作品だった。
忙しい仕事の合間にも関わらず、夢中になって読んでしまい、気がつけば3日目には読み終わってしまった。
なんという不覚。
もっと味わって読めば良かったのにと思っても、もう遅い。
しかし、あとから、あとから、効いてくる送りバントのような余韻。
まさに、私の好きな野球の題材で・・・。
ふと、同年代と重なって、いろいろなことを思いだし、考えていた。
それぞれの持っているそれぞれの悩みや、苦しみが28年前に遡って蘇ってくる。
そして、いつの間にかみんながやさしさを取り戻していく。
最後の、甲子園でのキャッチボール・・・、そして、エピローグでのキャッチボールにじわじわと効いてくる重松さんの文章の送りバントが何とも言えぬ感動を呼び、いつしか涙が溢れていた。
久しぶりに、純粋な涙が・・・。
特に、40代半ばの人には何か突き刺さるのでは・・・。

e0148909_20515065.jpg


[PR]

by ikenosai | 2014-12-24 20:52 | のぼーる(野球) | Comments(1)

クリスマスまでのアドベント

e0148909_23542410.jpg

 何でもできることは尊いが、人々の中に生きることは互いに協調し合うこと、つまりワークシェアリングの中で、物や、お金を分け合うこと。
 それでは、何でもできることにはどんな意味があるのか。
 「手間を知り、大変さを知り、感謝を知る」ことではないだろうか。

 智慧ある人はこう生きるであろう。
 ひとりで無理はせず、それぞれの役割を生かし、それぞれの役割に感謝する。
 そして、自分たちの力ではどうにもならないとき、何か大きなものに乗っかって、苦難を乗り越えていくのだろう。
 その乗っかっていく何かを見つけることが人生の「宿題」なのかもしれない。

 夢を見た、クリスマスの夜。
 浜辺を歩いていた、主と並んで。
 砂の上に二人の足が、二人の足跡を残していった。
 私のそれと、主のそれと。
 ふと思った、夢の中でのことだ。
 この一足一足は、私の生涯の一日一日を示していると。
 立ち止まって後ろを振り返った。
 足跡はずっと遠く見えなくなるところまで続いている。
 ところが、一つのことに気づいた。
 ところどころ、二人の足跡でなく、一人の足跡しかないのに。
 私の生涯が走馬灯のように思い出された。
 なんという驚き、一人の足跡しかないところは、生涯でいちばん暗かった日とぴったり合う。
 苦悶の日、悪を望んだ日、利己主義の日、試練の日、やりきれない日、自分にやりきれなくなった日。
 そこで主のほうに向き直って、あえて文句を言った。
 「あなたは 日々私たちと共にいると約束されたではありませんか。
 なぜ約束を守ってくださらなかったのか。
 どうして、人生の危機にあった私を一人で放っておかれたのか、まさにあなたの存在が必要だった時に」。
 ところが、主は私に答えて言われた。
 「友よ 砂の上の一人の足跡しか見えない日、それは私が君をおぶって歩いた日なのだよ」。
        アデマール・デ・パロス 作 「神われらとともに」(別名:浜辺の足跡)より 

e0148909_09491989.jpg
 フランクルたち、生き残ったユダヤの民は、その宿題の答えを持っていたのかもしれない。






[PR]

by ikenosai | 2014-12-02 11:42 | “119104”にこめて | Comments(0)