いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> cloversdes..
by ikenosai at 22:59
いいお話ありがとうござい..
by cloversdesign at 12:06
> renchiyan3..
by ikenosai at 21:53
おはようございます 初..
by renchiyan3 at 05:02
> mrgonnさん ..
by ikenosai at 21:50
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


初めてグローブを買ってもらった思い出

 昨日は息子の9歳の誕生日だった。

夜勤明けだったが、何が食べたいかリクエストを聞くと「パパのラーメンが食べたい!」とのこと。

 息子は、私の作る煮干でだしを取ったラーメンが大好きだったので、煮たまごを作ったりして、チャーシューやメンマを入れた具沢山の大盛りラーメンを作った。

e0148909_21323082.jpg



 先週は一緒にグローブを買いに行った。

 20年来の私のグローブを大切に使っていて、そろそろMYグローブが欲しいだろうと言うことで、今年の誕生日にはグローブを買うことになっていた。

 親子で左利きなもんで、なかなかいいグローブが見つからないのであらかじめ御茶ノ水の美津濃まで出かけ下調べをしておいたが、結局、地元立川のスポーツ店のほうが品揃えが良くてしかも安かった。

 少年用のグローブは美津濃が充実していた。

 息子は大喜びで翌日も、その翌日もキャッチボールをした。

 私が初めてグローブを買ってもらったのも9歳だった。

 当時、小学4年生からスポーツ少年団に入ることができたので、親の承諾もなく入会。

 明日から練習があるということを母に伝えると、母はその日のうちにグローブを買うために電話帳でスポーツ用品店を調べ、左利きのグローブの在庫があるのかを一軒一軒しらみつぶしに探していった。

 そして、一個だけあるという店を探し出し、買って来てくれたのである。

 その日から、毎日毎日、寝ても覚めても四六時中グローブを持っていた。

 夜は枕元においていたほどだった。

 ソフトボールが楽しくて、補欠だったがとにかく楽しくて、上手い上級生に憧れ、いつかは自分もあんな風になりたいと願っていた。

 5年生で2軍のキャプテン、そして6年生のときに1軍のキャプテンになった。

 しかも、先輩たちが果たせなかった市の大会での初優勝で夏に終わるはずが秋までソフトボールを楽しんだ。

 ソフトボールが終わるとバスケットボール、そして冬はサッカーだった。

 一番楽しかったのはやはりソフトボールだった。

 中学で野球部へなんて考えていたが、結局のところ自信がなく、そこで終わってしまった。

 今回のグローブの買い物で、あの頃の思い出がよみがえって来た。

 そして、20年来使っていて、くたびれた私のグローブを見ながら、そろそろ変えどきかなと思った。

 結局、翌日も同じスポーツ店に行き、前日に目をつけていたグローブを私も買ってしまった。

 息子のよりも安いグローブだったが・・・。

そして、毎日毎日、油を塗って使い易いように馴染ませている。

息子のグローブと一緒に、遠き日の自分と息子を重ねて。






[PR]

by ikenosai | 2014-01-30 21:42 | 食べること | Comments(0)

美術展入選

 中学2年生の娘が北多摩地区の美術展入選で成人の日の月曜日に行って来た。

手ごたえがあったと話していたので、なるほどと思い観て来た。

 作品の様子から、どこか私と似ているのかな・・・? と思った。

e0148909_1033080.jpg


e0148909_104136.jpg


e0148909_1042739.jpg


 1月18日、今日は私の46歳の誕生日、北野武さんと同じ誕生日。

 生まれてきて良かった。感謝の日にしたい。

 そして、両親、家族・・・皆さんに感謝したい。ありがとう!
[PR]

by ikenosai | 2014-01-18 10:08 | 子育て 一期一会 | Comments(0)

慌しい年末年始

 新年明けましておめでとうございます!

本年も「いけのさい」のブログを何卒よろしくお願いします。


 今年の年末年始は仕事で千葉県南房総市に4日間滞在した。

帰ってきた翌1月3日は実家の岡山県津山市に帰省。

子どもたちはすでに帰省しているため、久しぶりに夫婦ふたりっきりで帰省となった。

立川駅で新幹線の切符を買おうとみどりの窓口に行くと、有楽町の線路横のパチンコ店の火災で新幹線が不通になっていて運転再開のめどもたっていないとのこと。

飛行機チケットを買おうとビュープラザに行くと、スカイマークしか扱っていない。

岡山行きの便などない。

近隣で旅行会社をあたるも、正月休み。

それでもHISがやっていた。

全日空に問い合わせると、当日券は3万2千いくら・・・。

高すぎて即中止。

結局、東京駅まで行きいざ新幹線の改札へ。

長蛇の列ができているので何かとたずねると、指定席券の振り替えやキャンセルに並んでいる様子。

改札の中も激混みだったので、乗るのを止めて一旦昼食に行った。

タイ料理を食べながら頭を冷やし冷静になってこれからのことを考えた。

とりあえず改札に行き駅員に尋ねると、乗車券と自由席特急券はすぐ買えるとのこと。

並ぶ必要もなくすぐに買えた。

改札を抜け、のぞみ広島行きに飛び乗ると、自由席は満席、あきらめつつ指定席に行くと誰もいない。

2時間以上の遅れの車両の中はとてもアンバランスだった。

キャンセルされてほとんど空席の指定席車両と詰め込むだけ詰め込まれた自由席車両だった。

私たちは、指定席券を持った人が来るまで座っていようと指定席車両に腰を下ろした。

そして、三島駅を過ぎた頃には、車掌が説明にやってきて、立っている人たちが次々に空席の指定席に座り始めた。

しかし、名古屋駅から乗った人たちにはそのアナウンスはなかった。

私は、子ども連れの家族にこの状況を伝え、空席に座れることもこっそり伝えた。

そうやって、その日のうちに実家に帰ることができた。

翌朝のニュースを見て驚いたのは言うまでもない。

 5日のUターンはほぼ例年通りだったので、岡山始発のひかり号で帰ることにした。

津山駅で列車に乗ると「NARUTO」の絵で飾られた車両が入ってきた。

美作国建国1300年記念のイベントで「NARUTO」が採用されていた。

「ナルト」の作者岸本斉史君は私の母校、作陽高校の後輩である。

岡山県勝田郡奈義町出身の漫画家である。

e0148909_210405.jpg
e0148909_2105658.jpg
e0148909_211107.jpg
e0148909_211231.jpg



そして、新幹線でいつもの駅弁「下津井旅情」に舌鼓。

e0148909_2114073.jpg

[PR]

by ikenosai | 2014-01-05 21:02 | 照于一隅 | Comments(1)