いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


25年前の宿題

 今日、ありがたくも朝から映画を観に行った。

25年前に受けた教職の授業でのことだった。

日本史概説の先生は、歴代天皇の研究が専門だった。

特に昭和天皇の終戦時の話を事細かに話していたのが当時の私の胸には強く響いていた。

中学時代の恩師にその話をしたときには、間逆の解釈を聞かされ、教育は戦後から狂ったのだということがはっきりと分った。

私が思っている教育とは、心の内側を育てること。

滾滾と湧き上がるエネルギーの上手な放出。

そして、自分の考えや自分の信念を作り上げていくこと。

そのきっかけを授けていくことが、私の考える真の教育だと今は思っている。

中学校時代の恩師は、昭和天皇の戦争責任について日教組的立場で私をまくし立てるように話していた。

そこには私の意見も考えも入る隙はなかった。

これが間違った戦後教育の中の氷山の一角なのだと今は思っている。

入学式や卒業式に君が代を生徒に唄わせなかったり、天皇否定を滾滾と生徒に教育したりと・・・。

やわらかい頭の中に、自分の考えが育たない、しかも、一方的な日教組の原理主義の中に・・・。

考えはまさにスターリンか毛沢東。

果たして、自分で学び、自分で調べ、自分で意見を出せる環境はどこにあるのだろう。

 子どもの頃、父と一緒に風呂に入っていたとき、子ども心にも疑問があって父に天皇陛下はどんな人なのかとたずねたことがあった。

昭和一桁生まれの父は、「天皇陛下は日本の父だ。」と笑顔で答えていた。

これがまさに戦前教育のさらに日本全体の信仰のようなものだったと私は思う。

この辺りに関しては、ユダヤの人々とどこか似ているのではと思う。

しかし、父はこうでなければならないという強い考えを私には強要しなかった。

しかし、当時の日教組に洗脳されてしまったあの先生は、君の考えはおかしいといい、改めさせようとするくらいだった。

 終戦で、日本人の価値観は変わってしまったという人もいる。

大人を信じられなくなったという人もいる。

昨日まで言っていたことと今日言っていることが180度も違うのでは、止むを得ない。

すべて、戦争がそうさせたのだと思うが、むしろ戦争がそうだったのだという真実をあぶり出したのだとも言える。

私はその真実を確かめたくて、いや、もう一度客観的にその真実を確かめたくて、アメリカが作った映画を観に行った。

それが“終戦のエンペラー”だった。

登場するダグラス・マッカーサー元帥もボナー・フェラーズ准将も私は生身の人間であることを前提にして見ていた。

特にボナー・フェラーズ准将の心の内を懸命に解ろうとし、日本人の彼女を思う気持ちをも深く考えていた。

もし、彼らによって米国の統治下におかれなかったら・・・。

と考えると、果たしてどんな日本になっていたのかとも思う。

それだけでも、あの二人の功績は大きいと思う。

そして、昭和天皇は戦争責任という大きな十字架を自分自身で背負ったまま戦後を生き続けたのだと思う。

これは、大学時代に残した戦後教育についての宿題の25年後の答えにしか過ぎない。

しかも、私の、一個人の答えである。

ただ言えることは、あの映画の中の人たちと違って、今は平和な時代に生きていて、しかも愛する人たちが一緒であり、生きていること。

これだけで、本当はいいのに、幸せなのにと思った。

こんなものでも観ないと感謝は湧き上がらないのかと情けなくなった。

平和の時代にこそ忘れている感謝の気持ちを取り戻したい。
[PR]

by ikenosai | 2013-08-28 22:05 | いつか余熱に気づくとき | Comments(0)

「First Love」

 かつて、勤めていた学校でADHDの障害を持った女の子が入学してきたことがあった。

消しゴムのカスを口に入れたり、職員室で私が小銭を数えていたら、横に来て「ちょうだい!」と言ったり。

今日はお母さんがお弁当を作ってくれなかったからラーメンを買ってきたのと言って、私に「先生、作ってください!」とカップラーメンを持ってきたりと卒業するまでは色々なことがあった。

それでも、一緒に4泊5日の合宿にも行ったりと、彼女からADHDという障害の“い・ろ・は”を教わったようにさえ今は思う。

合宿のバスの中で歌うカラオケはさびの部分になってやっとどの曲か解るくらいの歌唱力。

 ある日、誰かの持ってきていた音楽プレーヤーから宇多田ヒカルの「First Love」がかかっていて、彼女がそれに合わせて口ずさんでいた。

ふりしぼるように唄う様子が、ぎこちなくて本当にはじめての恋をしているような頼りない、不安な様子が何とも言えぬ感動を呼び、それ以来、この曲が大好きになった。

この子達の思春期をどう支えて行かなければならないのか真剣に考えるようになった瞬間でもあった。

昨日、宇多田ヒカルさんの母、藤圭子さんが亡くなった。

私は人の命にはつながりがあると常々思っている。

ADHDの障害を持つ彼女の両親がどんな思いで私どもの学校に通わせたのか、何を託されていたのかと考えることがある。

そんな両親がいなければ私はこの曲に感動することはなかったかもしれない。

そして、藤圭子さんがいなければ、勿論、宇多田ヒカルはこの世に存在していない。

つまり、あの名曲は誕生していないだろう。

人の命にはつながりがある。

だからこそ、人々の営みに感謝したい。

その中で、私も、ささやかながらも関わる人に小さな感動を贈りたいと願いつつ、小さな希望を、ともし火を絶やさぬよう細々と生きている。

ただただ、命に感謝しつつ・・・。
[PR]

by ikenosai | 2013-08-23 09:20 | 思い出のポケット | Comments(0)

青春のストライクゾーン

 職場の人事異動で今月から夜勤業務が入った。

 大きな音に反応し、眠気まなこでデパートの広告用の大画面を見上げると、「君がいた夏は、遠い夢の中、 空に消えてった、打ち上げ花火」・・・と「夏祭り」がかかっていた。

 そう言えば、中学2年の娘は今、青春のストライクゾーンに入っている。

 それだけで、元気をもらっている。

 私の中学2年の夏休みは、担任の先生の慈悲で更正を誓った夏休みだった。

 朝から部活に行き、午後は友だちとプールに行く毎日、プールに行かない日は、池や川で泳いでいた。

 それでも、不安な思春期。

 当時の心の内を思い出すと、不安定で屈折したどうしようもない自分を思い出す。

 それを思うと、娘はなんて可愛い年頃の女の子なのだろうと思う。

 それだけで感謝である。

 そんな娘が、ルーキーズの再放送を録画してくれていた。

 ありがたいことに、これまで一回も観れていない第1回目から撮ってくれていた。

 娘も、小3の息子も、そして私も夢中になって観ていた。

 それぞれにどこか響くものがあるのだと思う。

 何度もこのブログでお伝えしていることではあるが、私は野球が大好きである。

 そして、不登校の子どもたちと関わっていたころをふと思い出していた。



 以前、定時制・通信制高校の野球部の監督をしていた。

今は、東京都に拠点をおく高校ではなくなったので、東京都の大会には出られなくなった。

全校生徒が40人前後で、色々な問題を抱え、中学時代に不登校だった生徒も少なくない。

まして、半分は女子で入部を希望しても試合には出られない。

野球をしたいという生徒は、いつも9人ギリギリで何とか出場していた。

リーダーシップのとれる者がいれば、少しは上手くなれる生徒もいるが、まともに試合ができるだろうかと心配になる生徒のほうが多かった。

ちょっとした憧れや、気まぐれで野球がしたいと言ってきて、いざ練習になると参加しないで帰ってしまう。

厳しくすれば、学校にすら来なくなる。

あああ、今年も試合ができるだろうかと、年度初めから私の悩みだけがふくらんだ。

今年は、チームが組めるだろうか、それでも試合に出たい生徒がいれば、出してあげたい。

なかなか、上手くいかない中でも、5~6人はいつも練習に出てきた。

試合が近くなって、いよいよ練習に気合いが入り始めた。

しかし、登録したのに来ない生徒がいる。

いつも気まぐれで、無責任なA君。

明日試合だと連絡すると、気乗りしない返事。

それでも、迎えに行くからと伝えておいた。

6人の生徒を乗せる予定で、最初にA君の家に。

案の定、待っていても出てこない。

母に説得を促すが、息子との折り合いが悪いのか、強い口調では言えず、堂々巡りを続けている。

私は、とうとうしびれをきらし、車を路駐して玄関へ。

私の顔を見たA君は、今度は逆ギレ状態で、「絶対いかない」と一言。

野球がやりたいと入部してきたときのことを話し、今日の試合をみんな楽しみにしているのに棄権したら、がっかりするだろうと話す。

「みんなに謝るか?」と言うと、「土下座ぐらいしてやるさ」と凄んでみせる。

そんな見栄を張っても、弱虫なA君にはできるわけない。

すんなり、試合に出たほうが本当は楽なのにと思いながらも、やる気を必死で引き出そうとしていた。

学校で待っている生徒たちから出発時間が限界をこえていると連絡があった。

私の車をあきらめた彼らは、電車に乗って行くことになった。

私はA君に説得をくり返していた。

なかなか受けいれず、意固地になっていて、動こうとしない。

それでも、私はあきらめない。

とうとうA君が根負けして、「行くよ、行けばいいんだろう」と一言。

私は、無言のまま、車にA君ひとりだけを乗せて、試合会場に向かった。

私の第1回戦は無事終了した。

ホッとした。

これで試合に出られる。

もういい、試合に出られればそれでいい。

グランドには、待ちくたびれた8人がいた。

朝ご飯も食べずに急いできた生徒がヘロヘロになって待ってくれていた。

初戦は、都立六本木高校。

人数からいっても、はるかに規模が違う。

それでも、9人揃った。

何とかなる。

運動靴すら持ってこず、私の靴を履いて出たA君。

立ち上がりは良かった。

しかし、ピッチャーが燃料切れになった。

攻撃中の休める時間に、準備しておいたおにぎりを食べさせた。

野球の簡単なルールすら知らなかった生徒も、毎日練習に参加しているうちに、投げたり打ったりできるようになっていた。

速い球に反応し、ヒットも打った。

私もあきらめなかった。

必死で声援を送った。

燃料切れになったピッチャーも次第に息を吹き返した。

勝てる。

あきらめなければ勝てる。

そう思い始めた。

それでも、相手はあきらめない。

点差が縮まってきた。

しかし、下位打線の生徒がタイムリーツーベースを打って、さらに点差が開いた。

みんなが、勝てると思い始めた。

最終回、ピッチャーはへたばっていた。

それでもみんなで声をかけて、何とか投げきった。

そして、試合は終わった。

創設4年目にして、初めて都大会で勝てた。

みんなは抱き合い、握手を交わし喜んだ。

長い1日だった。

みんなはその日1試合だったが、私は2試合分のエネルギーを使った気がした。

嬉しかった。

試合に出られて嬉しかった。

しかも、試合に勝てて本当に嬉しかった。

次の試合は、全国大会の出場校。

A君はもう試合には来なかった。

それでも誰かが加わって、良い試合ができた。

コールド負けではあったが・・・。

どんなことがあっても私はあきらめない。

そこに僅かな可能性があるのなら。

ありがとう、感動をくれた生徒たち。

そして、試合に来てくれたA君。

            (当時の手記より)


 A君はその後、学校を中退してしまった。

 それでも、昨年、お金を貯めて再入学してきた。

 そして、残っていた単位を1年間で取得し、今年の春卒業した。

 卒業式で彼を見て、涙が溢れてきた。

 青春って素晴らしい・・・!







[PR]

by ikenosai | 2013-08-05 08:57 | のぼーる(野球) | Comments(0)