「ほっ」と。キャンペーン

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
あけましておめでとうござ..
by sakomamabook at 19:17
> makuropapa..
by ikenosai at 09:12
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


年末年始で感じた“私のしなやかさは粗食の中にある”

 年末年始は30日から休みをいただき、その日から郷里の津山に帰省した。

元旦は、息子と一緒に津山藩主森家の庭園、衆楽園にいった。

津山の観光名所を少しでも紹介しなければと思い、しっかり写真を撮ってきた。

出かけたのはその日だけで、午後はボウリングに出かけた。

 管理職になってから何とか乗り越えてきた業務も、全然平気だと自分に言い聞かせていたが、無理をしていたことが今回の帰省中によく解った。

私はまだまだ自分を理解できていないのだと痛感した。

結果から話すと、今回は相当のストレスがあったのだということが解った。

ストレスはそのまま行動となって表出していた。

行きの新幹線から、弁当にパンにビールにおつまみにと買いこんで、岡山駅に着いてからは、息子と一緒に立ち食いそば屋に入り、その後は、カフェで買ったカプチーノを乗り継いだローカル線で飲んでいた。

翌日は、歩いてコンビニに行き、大量のお菓子と飲み物を買いこんで就寝時間まで食べ詰めていた。

翌日も食べ詰めていた。

帰る前日の1月2日は家族で炭火をおこし、焼肉を食べた。

缶ビールを2本とひたすら焼き続けた肉やソーセージを限界まで食べていた。

リウマチの気のある私は、血液が相当濁ってしまい、すでに全身の間接痛に見舞われていた。

さすがにその日の晩は、食欲はなくご飯を食べなかった。

翌日の1月3日、復路のローカル線で今、この文章を打っている。

つくづく反省してしまっている。

反省はするものの、体をコントロールできなかった自分を今は分析している。

最大の原因は、日々の仕事でのストレスとその解消ができていなかったことが考えられる。

ストレス解消の近道、副交感神経を優位にする最短方法が食べることであることがよく解った。

しかも、底なしである。

普段から胃が小さく、あまり食べない私にはかなり負担となってしまった。

体調不良と精神的な不安がリバウンドとして体を襲っている。

そんな最中、私は文章を打っている。

働きすぎは決してよくないということがよく解った。

散々、人に言い続けてきたことであり、関係している会報などでも話してきたことである。

現代社会の落とし穴は、ストレスを抱える環境とそのはけ口が簡単に手に入ることだと思う。

人がお金を持つとろくなことがない。

少なくとも私がお金を持つとろくなことにはならない。

今回はつくづくそう感じて反省している。

1月3日、戻った夜に体重を量った。

12月の一番軽いときより5キロも太っていた。

食事制限をしたら、翌日には3キロ近く減っていた。

 それでも、久しぶりにかわいい息子と過ごせて嬉しかった。

この数日間に感謝である。






e0148909_160117.jpg
e0148909_1603525.jpg
e0148909_161356.jpg
e0148909_1612291.jpg
e0148909_1613851.jpg
e0148909_16298.jpg
e0148909_1623816.jpg
e0148909_163189.jpg

[PR]

by ikenosai | 2013-01-06 16:04 | 食養生 | Comments(0)