いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> cloversdes..
by ikenosai at 22:59
いいお話ありがとうござい..
by cloversdesign at 12:06
> renchiyan3..
by ikenosai at 21:53
おはようございます 初..
by renchiyan3 at 05:02
> mrgonnさん ..
by ikenosai at 21:50
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


  縁

 夏休みは1週間あった。

翌日から青春18きっぷで14回も電車を乗り継ぎ、15時間かけて息子とふたりで帰省した。

あっという間に1週間が経った。

帰省するたびに病気の人が増え、みんなどっと年をとっている。

私はまるで浦島太郎になっている。

気がつけば、同級生はみな、おじさんおばさんになっていて、じっくり見ないと誰だか解らない。

じっくりと人の顔など見られないので、知らない人ばかりの故郷によそ者になってしまった私が帰省している。

お世話になっていた人たちはみな、歳をとり、病気になったり、杖をついたりして、私の知らない世界の中で老化が進んでいる。

私も、みんなが知らないところで歳をとり、老けて、あの世に行くのだろう。

思えば、人の一生なんて…、と考えてしまう。

日々の幸せはどこにあるか?

身近なところにあるはず。

だから、子どもたちと関わって、妻としっかり理解し合ってこそしっかりとした地に着いた幸せが感じられる。

だから家族を大切にしなければと思う。

その家族の由来は、それぞれが巡りあった奇跡から始まっている。

だから、先祖を思い、先祖を供養することが大切だと思う。

大切にすることは、まず感謝するところから始まる。

この、奇跡のご縁に感謝するところから本当の幸せは始まると思う。

そこがブレなければ、心の病気にはならないはず。


e0148909_1152471.jpg




e0148909_1111167.jpg

[PR]

by ikenosai | 2011-08-27 10:51 | 現世に乾杯! | Comments(0)

ラジオ体操

 平日は、仕事のため6時過ぎに家を出る。

なので子どものラジオ体操には付き合えない。

せめて、土日ぐらいはということで、地域でやっているラジオ体操に息子と一緒に参加した。

驚いたのは、夏休みの最初の1週間と終わりの1週間しかやってないことだった。

小6の娘は、参加せず、その時間はまだ夢の中。

ラジオ体操第1は、今でもはっきり覚えている。

ラジオ体操第2は、あやしいので周囲の人たちに合わせておこなった。

驚いたのは、子どもたちがラジオ体操をあまり知らないことだった。

最近の運動会ではラジオ体操をやっていないとのこと。

全国共通のものなんてどんどん廃れていっている。

早起きの習慣もすでになく、夜遅くまでテレビをだらだらと観て、朝は寝坊の夏休み。

涼しいはずの朝はまだまだ夢の中。

目覚めてからはクーラーに依存し、汗をかくこともなく部屋で過ごす。

かつて関わった引きこもりの子どもたちはそんな日々を毎日過ごしていた。

夜行性の彼らは夜にはめちゃめちゃ強い。

しかし、自律神経が麻痺していて、そうとうおかしくなっている。

改善のプログラムなら何通りもある。

問題は、覚悟して取り組めるかである。

ラジオ体操は子どものころ、私の生活リズムには欠かせなかった。

早寝、早起きの基本だった。

母の実家に行っても、親戚に行っても、その地域のラジオ体操に加わっていた。

休むことなく参加した。

だから、長い午前中を有意義に過ごせた。

昼夜逆転は、自律神経を崩すことだけでなく、夜型人間たちが無駄な電力を使い、あらゆるものが悪循環になっている。

さらに、その影響で、生活習慣病や心疾患に陥り、余計な医療費を拡大させている。

塵も積もれば山となる。

社会問題として挙げられているが、何より、病に陥った本人が実は一番不幸である。

心地よい生活は、早寝、早起きから始まる。

私が小学生時代に学んだ基本中の基本だった。
[PR]

by ikenosai | 2011-08-27 10:45 | 子育て 一期一会 | Comments(0)