いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


グローバル社会の落とし穴

 ハイチで大きな地震の被害がありました。

第一次産業(農業や漁業)が中心だったこの国はアメリカのテコ入れで自給率が一気に下がっていきました。

自給率100%だった穀物も、国産よりも安いアメリカ産の米などを輸入するようになって、国内の農家が米を作らなくなったのです。

食べることが次第にアメリカ依存型になってしまい、農業をやっても食べていくことができないという現状から、仕事への価値、人生への価値までも腐敗してしまったのです。

あの地震で浮き彫りになったハイチの現状。

日本も天災などに備え、自立できる国家を再構築しなければならないようです。

それでも政府は海外へ車を売り、その貿易収支のバランスを保つため、大豆や小麦を大量に輸入せざるを得ないのです。

デフレが続き、国内産のものが高く感じてしまえば、安い輸入品についつい手が伸びてしまい、中国産の魂のない商品や農薬の基準値が違うものを買っていて国内経済の柱自体が外国へ移ってしまっています。

日本人の人件費が高いから外国に作らせるという安易な考えはやがて私たち全体の生活へ大きく影響していきます。

輸入品にはもっと関税をかけるなどして日本製品をその関税分を足して保護するなど工夫をして、同じ価格帯で勝負できるようにしたなら、ほとんどの人は輸入品より安心、安全の国産品を選ぶはずです。

ほとんどを海外の依存型にしてしまえば、世界的に孤立したり、戦争の影響を受けるようなことになったりしたとき生き残れない心配も出てきます。

それは戦国時代にすでに経験しているはずです。

兵糧攻めにあってしまえばお手上げなのです。

海外からの輸入がストップしてしまえばまさに兵糧攻めになる訳です。

何が大切か。

1つには穀物を中心とした食糧の国内自給率を100%に近づけること。

もう1つは上手な外交ができる人材を育成できる国家になることなのです。

政治家の智慧こそそこに役立てなければならないのです。

残念ながら知識の詰まった集団ではあるようですがあまりにも智慧のない政治家が国の政(まつりごと)を仕切りすぎているから打開策も今後のビジョンも見えてこないのです。

しかし、その政治家を選挙で選んでいるのは私たちの1票なのです。

外交の基本はコミュニケーションです。

コミュニケーションの基本は家庭環境から始まります。

なのでコミュニケーションは子育てでもっとも重要な部分なのです。

教養を身につけるとは、人の心が解るようになること、解るようになるためには傾聴し、イメージし理解を深める努力をすること。

そのためには色々な経験が役に立ち、経験がなければ歴史から学べばいいのです。
[PR]

by ikenosai | 2010-06-30 05:16 | 私的視点 | Comments(0)

尾道に行きたい


 中学の時、遅く目ざめた日曜日は、ぼんやりとテレビを見ていることが多かった。

ぼんやりと見ているテレビの中に新日鐵のCMから尾道の景色が出てきた。

海と坂と階段。

魚を売る行商のおばあさん。

船が行き来し、そして、大きな橋が架かって、向島から自転車で通学する学生の様子。

たった30秒ほどのCMだったが私はもの凄いインパクトを受けた。

いつか、この町に行きたい。

私の住む津山からは広島方面は少し遠い。

兵庫や鳥取は近く感じていたが、尾道が広島にあることをそのとき知ったくらいだった。

それから、しばらくして大林監督の“転校生”を観に行った。

その映画は私の憧れていた尾道が舞台だった。

階段を、坂を、どんどん登っていくと、やがて千光寺に着く、近くには林芙美子の“放浪記”の石碑がある。

「海が見えた 海が見える・・・・」で始まる石碑だった。

瀬戸内の潮風がその映像から想像できた。

行商が瀬戸の小魚を売る様子からも海の匂いが伝わってくる。

向島に行き来する船の音、千光寺から見下ろす尾道水道に点在する船が私の大好きな光景になった。

林芙美子の「海が見えた 海が見える・・・・」がそのまま、その景色を上手く表現していて思わず感激してしまい、しばらくその景色の前から動くことができなくなってしまう。

そんなイメージを私はふくらませていた。

それから5年が経っていた。

国体にかけた高校最後の夏は、あっけなく終わった。

卓球でもボクシングでも叶わなかった。

残りの夏休みでバイトをしてお金を貯めた。

そして、夏休みの後半に友だちと2人で中国地方(岡山・鳥取・島根・山口・広島)を自転車で一週間かけて旅行した。

1日180キロ走った日もあった。

最後は尾道に泊まった。

ずっと野宿が多かったが、残りのお金を確認して、最後の夜は民宿に泊まった。

まだ、明るいうちに宿が決まったので、私はひとり尾道を散策した。

友だちは、疲れていたのか、宿で寝っ転がっていた。

あの、新日鐵のCMの景色、“転校生”で観た景色、どこを観ても感動する景色だった。

走って階段を登り、坂を登り、大林監督の実家も見つけた。

千光寺に行って尾道の海を見下ろしたり、林芙美子の“放浪記”の石碑にも行った。

私は5年越しで叶ったこの場所の訪問に感動していた。

「海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい、汽車が尾道の海へさしかかると、煤けた小さい町の屋根が提灯のように、拡がって来る。赤い千光寺の搭が見える。山は爽やかな若葉だ、緑色の海、向こうにドックの赤い船が、帆柱を空に突きさしている。私は涙があふれていた。」(林芙美子「放浪記」より)

私も涙があふれていた。

5年前に映像で観たこの場所が、何だか懐かしく、遠い思い出の片隅に存在していたのだった。

今でも、尾道は私の心を引きつけて離さない。

本州から四国に渡るしまなみ海道で最初の橋があのとき渡った尾道大橋だった。

完成してからもうかれこれ30年が経つ。

四国への夢の架け橋は、そのころから始まっていた。

あきらめなければ叶えられる夢は決して少なくはない。

すぐに達成できなくても、どんなに時間がかかっても。

少しずつ努力することを惜しまなければ必ず叶うと尾道に行ったとき思った。

 また尾道に行きたい。

そして、ぼんやり海を眺めたい。






[PR]

by ikenosai | 2010-06-27 07:44 | 思い出のポケット | Comments(0)

真っ青な海が恋しくて



 スターダストレビューの“夢伝説”を始めて聴いたのは、高校2年生の夏休みだった。

それはカルピスのCMからだった。

真っ青な海に向かってカルピスのかかったかき氷を食べている女子高生の映像だった。

青く大きな海を高台から見下ろしている景色が私には鳥取砂丘と重なって見えていた。

そのCMを見るたびに、ああ海に行きたいと海を恋しがっていた。

お金はなく、車もなく、なめ猫の免許証くらいしか持ってない。

それでも海に行きたい。

あの高台から見下ろす青く大きな海をどうしても見たくてたまらなかった。

はるか70キロ向こうの日本海を見に、自転車で行ったあの夏の日。

着いてくる物好きは誰もいなかった。

だから、ひとりで出かけた。

あの日本海へ。


e0148909_17514344.jpg


 遠い昔のことさ 夢で見たんだ

燃える空に包まれて

光る大地の中をかけめぐるとき

君は舞い降りてきたの

どこかで出逢ったことのある

懐かしさ感じて・・・・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=roll3at77GE&feature=related








Gift de お花屋さん










[PR]

by ikenosai | 2010-06-20 17:52 | いつか余熱に気づくとき | Comments(0)

「奇蹟の中に生きて、現実の幸せを考える」

四苦八苦

 困難に直面して苦しんでいるとき、四苦八苦しているなどという言葉を使うことがあります。

この言葉は、もともとは仏教の中のお釈迦様のお話に出てきます。

人は生まれることで避けては通れぬ苦しみがあります。

「生・老・病・死」の4つはごく普通の人生を歩んでいく中で、ほとんどの人が経験します。

そして、生きていく中でさらに4つの苦しみ、「愛別離苦(あいべつりく)・怨憎会苦(おんぞうえく)・五蘊盛苦(ごうんじょうく) ・求不得苦(ぐふとくく)」があり、この4つを合わせて合計8つの苦しみのことを四苦八苦といいます。

四苦八苦というと、たして12の苦しみがあるように思いがちですが、4つの苦しみと4つの苦しみをたして八苦という意味になります。

避けては通れぬこれらの苦しみをどう乗り越えて生きていくかが人生のテーマではないでしょうか。



生(しょう)

 最近の子どもたちは、生まれてこなければよかったなどと簡単に言いますが、この命の誕生には何百兆倍、何千兆倍もの確率で奇蹟が起こっているのです。

私たちの命の誕生は、まず、ご先祖様の巡りあわせとお父さんお母さんの持つ70兆通りもの染色体の組み合わせによるものなのです。

染色体による70兆通りもの組み合わせの数は地球1万個分の人口に匹敵し、その確率と先祖分の確率をかけたものが私たちが生まれてきた確率になるのです。

つまり、無限に広がる宇宙の中にある星から一粒の砂を拾い上げたような確率になるのです。

決して意識してできることではないのです。

だから、昔の人は子どもを産むではなく子どもを授かるという表現をしたのではないでしょうか。

組み合わさった染色体を持つ赤ちゃんも母胎の中で着床し、成長し、生まれて、さらに大人になって次の子孫を残さなければ、命はそこで途絶えてしまうのです。

大人になった男女が力を合わせて育てていかなければ次の子育てにはつながっていかないということになるのです。

この世に存在すると言うことは、人間にはどうにもできない自然の不思議な力やたくさんの人々の力を借りて存在しているのです。

本来はそれだけでありがたいことのはずなのです。

オリンピックで金メダルを取るよりも、ミスユニバースで世界一になるよりも、宇宙飛行士になってスペースシャトルに乗るよりもはるかに不思議な奇蹟の力で私たちひとりひとりが存在しているのです。

同じ顔でなく、同じ心でなく、特別な個性を持って生まれてきているのです。


老(ろう)

「子どもしかるな 来た道だもの 老人笑うな 行く道だもの・・・」という言葉があります。

40代、50代にもなると体の衰えを感じるようになります。

顔にはしわが増えます。

そんなときふと若い頃を懐かしむことがあります。

人は生きていればやがて老いていくものなのです。

誰かの手を借りねばできぬことも増えてくるものです。

若い者が、元気な者が手を貸すのは共同体の基本だと思います。

しかし、どうでしょう。

若い頃、年寄りを毛嫌いして手を貸さなかったら・・・。

おそらく、巡り巡って、自分が年をとったとき、人の手が必要になったとき誰も貸してくれません。

子育てで手をかけていなかったら、子どもは親を大切には思いません。

だから、若いうち、元気なうちに手を貸すということはとても大切なことなのです。


病(びょう)

 心の不安と体の病気にはつながりがあります。

しかし、現代の西洋医学では科学的解明がなされぬものへの信用はありません。

自律神経の影響で甘いものを食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりします。

不安定な心のバランスが生活習慣に影響を与えれば病気にもなっていきます。

ストレス社会の中にあって、心身ともに健全に生き抜くことは非常に難しいことになります。

食べること、寝ることなど体に与える影響をいくら考えても人には寿命があります。

細胞は分裂を繰り返すことで生き残っていくのですが、やはりその細胞分裂の回数には限界があります。

まして、本来の体が求めていない環境下では、細胞分裂の段階で異常をきたすこともあります。

それが癌なのです。

冷えや酸性過多が臓器に与える影響は糖尿病やリウマチ、痛風など様々な病気として体に現れてきます。

病気になることで、そこから心の症状に気づき、生きる意味や命の大切さへの学びの時間になって欲しいものです。

病気を癒すということは、心の治療にもつながっているのです。


死(し)

 死は誰にも平等に訪れます。

しかし、受けとめる準備が有るか無いかで雲泥の差があります。死への苦しみにとらわれ、不安になってしまうこともあります。

その不安をとることこそが学びであり、学ぶことによって何かを悟るということになっていくのではないでしょうか。

あれだけの奇跡的な確率で誕生した命も、百年も経たないうちにほとんどが絶えていくのです。

やがて土に還っていくのです。

その間に何をすれば幸福というご褒美を授かるのでしょう。

あっという間の諸行無常の人生でどう過ごしていくかを考えますと、人の一生は和の中にあって価値を育み、色々な価値を理解していくことで豊かさが増し、周囲との相互の中で人間的な幸福感への影響を与えたり、与えられたりしていくのだと思います。

子育ての最大のテーマは限りある命を大切にし、幸せに生き、死を理解し、やがてくる死を如何に受け入れられるようになるかではないでしょうか。

それを親が身をもって教えていくことだと思います。

だから子どもが親より先に死ぬことはとてもつらいことなのです。


愛別離苦(あいべつりく)

 人間はいつかは必ず愛する人と別れなければならない苦しみがあります。

事故や病気にならなくても寿命によっても命はつきます。

お互いに永遠に生きていくことはできないのです。


怨憎会苦(おんぞうえく)

 愛別離苦とは逆に、絶対に会いたくない嫌な人もいます。

自分を困らせる人、意地悪をする人などで国によっては戦争や紛争などで命をねらう人に遭うこともあります。

そういった苦しみを怨憎会苦と言います。


五蘊盛苦(ごうんじょうく)

 人間の持つ感覚によって起こる苦しみです。

例えば、人間は水を飲まなければ生きていけません。

水を飲まないと、やがて喉が渇き、それによって渇きの苦しみに襲われます。

食べ物だってそうです。

食事を断たれると、飢えの苦しみが襲ってきます。

ケガや病気をすれば痛みに苦しみます。

渇きを癒すために水を飲むと喜びを感じます。

空腹を満たすために食事をしても喜びを感じます。

つまり楽しむことと苦しむことは裏表なのです。

楽しめる感覚があるからこそ、その逆になったとき苦しむのです。


求不得苦(ぐふとくく)

 望みがかなえられないことによって感じる苦しみです。

人間は求めるものをすべて手に入れることは決してできません。

どんなに欲しいと思ったものでも、どんなに結婚したいと思った相手でも、必ずしも望みがかなうとは限りません。

こうした望みがかなえられないことによる苦しみが、求不得苦です。


 ではどうすればこういった苦しみから逃れることができるのでしょうか?

 どうやら人の苦しみは執着するところにあるようです。

長生きをしたい、病気をすぐに治したい、若いままでいたい等々。

執着して苦しむのは、この世が“諸行無常”だからなのです。

どんなに立派であっても、どんなに強くても、どんなにきれいでも、永遠ではないのに永遠に存在すると錯覚して守ろうとしたり、継続しようとして執着し、苦しむのです。

諸行(すべての現象・実体)は無常(限りがある)つまり、どんなものでも、いつかは必ず滅びるのです。

この無常を受け入れられるようになれば煩悩という欲望に惑わされることも無くなるでしょう。

以前、有名大学に進学し、有名企業に就職しても不幸を感じている人が多いというお話をしましたが、自分だけの欲望を満たそうとして苦しんでいるのです。

人が苦しみを乗り越えるその先には他人の喜ぶ姿が必要なのです。

実は自分の幸せというものは隣の人の幸せに大きく影響を受けます。

利己主義な生き方ではいつまでたっても四苦八苦という重荷を背負うことになるようです。

私利私欲を遠ざけ、あらゆるものへの執着を断てば、何かを悟るのでしょう。

その根本を教えてくれているのが子どもへの無償の愛、見返りを求めない愛。

つまり神の愛や仏の慈悲なのです。

子どもを育てることで、実は親も成長していくのです。

親の都合や私利私欲を押し通していては、子どもは反発し、やがて親をわずらわしく思うようになっていくものです。

そして、親も成長しないまま年をとっていくのです。

共に心の成長を支え合う関係は、家族の中から四苦八苦を取り除いていく環境となり、そういった家族が増えていくことが住み良い社会の基礎となっていくのです。

人は成長すると、おのずから感謝の気持ちが湧いてきます。

感謝の気持ちで満たされると、苦しみはやがてなくなっていくのです。

「生まれてきてくれてありがとう。」という思いが伝われば、「産んでくれてありがとう。」という気持ちも素直に現れることでしょう。
[PR]

by ikenosai | 2010-06-20 06:26 | 現世に乾杯! | Comments(0)