「ほっ」と。キャンペーン

いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
あけましておめでとうござ..
by sakomamabook at 19:17
> makuropapa..
by ikenosai at 09:12
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


空白の夏休み


 今年の夏休みは何の計画も立てることができなかった。

私の仕事の関係でスケジュールはすべて保留になっていた。

なので、岡山に帰省することも、母の実家の島根に行くこともできなかった。

泊まりがけで海へも行けなかった。

本当に残念だった。

 大学3年の夏休みもそういえば空白だった。

ふとそのときのことを思い出していた。

当時アスリートだった私は、夏といえば国体予選に出るため岡山の実家に帰っていた。

いつもなら、酒販会社でアルバイトをしていたのだが、その年は連絡が遅れ、バイト募集が締め切られていた。

仕事がないので収入がなく、どう過ごそうかと悩んでしまった。

自動車の運転免許もまだ持っていなかったので、交通の便の悪い田舎では本当に不自由になってしまった。

ヤクルトの配達と内職をしていた母が、「お金の心配はええけん、ボクシングをがんばりんちゃい」と言ってくれた。

その一言で、質素な自主トレをすることにした。

7月後半に県の予選があり、何とか優勝して、8月後半にある中国大会に駒を進めることができた。

約1ヶ月間をひたすら自主トレで過ごした。

早朝から、山道を8キロ程走り、昼間は自転車で10キロほど離れたところにあるジムに行き、夕方もひたすら走っていた。

 1日かけて、中国山脈の那岐山に行き、1000メートル級の山を一気に走って登ったりして気分転換もしながら体力をつけていった。

実家だったので、食べることへの心配はなかった。

それでも、減量だけは相変わらず辛かった。

空白の夏休みだったが、島根の祖父母にもみんなで会いに行った。

友だちが誘ってくれて、浦富海岸へもキャンプに行った。

1ヶ月間、親元で過ごせたお陰で何の心配もなく試合に向けての準備が整った。

中国大会は山口県の徳山大学のリングで行われた。

ありがたいことに、国体の場合は試合のための交通費や宿泊費は公共から出していただけるので、お金の心配は一切しなくてよかった。

津山から岡山に行き、選手団と合流し、新幹線で徳山に行った。

減量もスムーズにできたので、調子が良かった。

計量後、軽い階級から試合が始まり、私はライト級なので終わりの方だった。

1回戦は山口の代表選手と対戦した。

得意の左ストレートがまともに当たって、1ラウンドであっさり勝てた。

ダメージもなく体力を次の日に温存できた。

試合の結果を実家には知らせなかった。

相変わらず父が、何の連絡もないがどうしたものかと心配していたらしい。

その心配も、翌日の新聞で解決した。

嬉しいことに、試合の結果がスポーツ面の中国大会のコーナーで詳しく掲載されていて、私が1ラウンドKOで勝ったのもそこに載っていた。

決勝は島根の代表選手とあたり、ワンツーフックで何度もポイントを稼ぎ、あっさり判定で勝てた。

気がつけば、中国地方で1番になっていた。

これで、国体の本大会に出場できると喜んでいた。

しかし、国体は団体競技になっていたので僅か1ポイント差で島根に追いつかず、結局、広島と島根が出場権を獲得し、岡山は出場できなかった。

国体の参加賞と優勝の賞状を持って、家に帰ると、父が新聞を切り取ってくれていて、「連絡がないけん、どうしたんかと思うた。じゃけど朝の新聞見たら勝っとるけん、道理で連絡もせんわいとお母さんと話とたんじゃあ」と嬉しそうに話してくれた。

何の不安もない夏休みだった。

母が、父がそばにいてくれて支えてくれていた。

親の扶養に入っているうちは何の心配もなくすくすくと育ったような気がする。

今年の夏はそうはいかなかった。

求職中にホームヘルパー2級の養成講座に通い、調理師試験を受け学生のような感じもしたが、一家を支える主ゆえの重圧があった。

それでも、空白になった今年の夏は、決して無駄には終わらなかった。

ホームヘルパー2級、調理師免許を取得し、希望する職種にたどり着いた。

郷里の両親や姉家族には会えなくてとても残念だった。

いつものことだが、郷里に帰ったら、あれもやろう、これもやろうと色々と思いが駆けめぐるが、今年はすべてあきらめた。

来年の夏に希望を持って、与えられた仕事に感謝して励まなければ・・・。
[PR]

by ikenosai | 2009-08-30 10:50 | 思い出のポケット | Comments(0)

母の誕生日に・・・

 男性よりも女性のほうが心の水分が多い。
それは男性が女性の多い水分を飲む、つまり受け入れること、理解することである。
その多い水分とは産む性のことである。
男性は子ども産まない。
だから女性との意識の差を埋めるものはより深い理解しかない。
その第一歩は生まれてきたこと、産んでくれた母に感謝することである。
この意識の欠如によって女性が男性に失望していくのである。




 意識しても、しなくても喜びのときはあった。

まず、生まれたこと。

母は命がけで私を産んで、母の愛で包んでくれた。

そして、父の慈悲によって両親の愛を教えてもらった。

人は生まれ、そして、いずれ死んでいく。

意識して喜びを感じたのは、親の世代になったときだった。

親となり、子どもたちによって、母の愛、父の愛を深く理解した。

無意識に過ごしていた子どものころを振り返る。

両親の愛に満ちていた日々は、再び記憶の中から始まっていく。

そして、無償の愛に気づく。

それでも、私は偉大な母にはなれない。

腹を痛めて、子どもも産めない。

だから、意識して女性の役割に感謝する。

9月3日は母の64回目の誕生日。

お母さん、私を産んでくださってありがとう。

[PR]

by ikenosai | 2009-08-29 07:07 | お父さんお母さん | Comments(0)

補助輪がとれるころ


 夏の数日間で息子の自転車の補助輪をとることにした。

息子は4歳半を過ぎて、そろそろ補助輪なしの自転車に乗る時期だと夫婦で話していた。

息子と同じ保育園にいた子は2歳の時に補助輪のない自転車にスイスイと乗っていたのには度肝を抜かれた。

しかし、息子は息子、時期をみて練習をしなければと考えていた。

8月中の休みで関われる日もあったので、広場に行って補助輪をとってみた。

サドルをめいっぱい低くして、息子は自転車にまたいだ。

補助しながら後ろから押してみる。

ペダルを漕ぎ、自分では乗れているような感じになっている。

しかし、手を離すとたちまちバランスを崩し、転倒しそうになる。

必死で考え、工夫をしてみた。

まず、緩やかな下り坂を何度も何度も下りさせた。

そのうち、最初は手を添えるものの、下り坂だけは乗れるようになった。

ブレーキが使えず、つま先を地面にすりつけてやっと止まる。

ブレーキの使い方も教え、何度も何度も声をかけて止まる練習をした。

30分もすると、疲れてきたのだろう。

いっぱいいっぱいの様子だった。

今日はここまでにしようかと話すと、嬉しそうな表情に変わった。

限界のようだった。

よくがんばって練習したねと褒めると、満面の笑みを浮かべ、またやろうねと元気に言った。

次の日も練習した。

後ろから手を添え、押してあげると上手に漕いだ。

そっと手を離すと、しばらく自力で漕いでいる。

今度は、片足で地面を蹴って、反対の足でペダルを漕ぎ始める練習をした。

なかなか上手くいかず、泣きそうな表情。

とてもできそうではない感じがした。

こちらもだましだまし、様子をうかがい何度か練習を促した。

そうしているうちに、時々できるようになった。

広い公園に行って練習をすれば、きっと上達すると確信した。

その次の日、昭和記念公園の緑の文化ゾーンに連れて行った。

本人がそこまで持って行くことができないので、9歳の娘に頼んで、乗って運んでもらった。

あまりに、サドルが低く、小さな自転車にかなりの不満を言っていたが、弟のためにと一役買ってくれた。

息子は私の運転する自転車の後ろに一緒に乗った。

一週4百メートルほどの広場で、昨日のように自分で乗ってごらんと促すと、あれよあれよと一周してきた。

練習を始めて、3日目のことだった。

しっかり、安全確保をして、家までの1キロ半の道のりもしっかり自分で漕いで帰ってきた。

家に帰ると、嬉しそうにママに上達ぶりを話していた。

この3日間で、自信をつけたようだった。
[PR]

by ikenosai | 2009-08-22 21:48 | 子育て 一期一会 | Comments(0)

千載一遇にかけるもの

 高校生のとき、ロッキーを初めて観た。

感動した私はジムのトレーナーにその話をしたら、あれは架空の話だからあり得ないと言われた。

無名の選手が世界チャンピオンに挑戦する話だった。

もしかしたら勝てるかもと期待しながら見入っていた。

 先日、日本チャンピオンになった後輩の初防衛戦があった。

下馬評では明らかに彼に具があったので、私は勝つものだと思っていた。

しかし結果は、わずか45秒で負けてしまった。

相手の選手は千載一遇のチャンスをうかがっていたのである。

チャンピオンはその相手にわずかな隙を見せてしまった。

 私のボクシングのデビュー戦は高校2年生の夏だった。

弱輩のため高校のときはわずか3戦しかできなかった。

しかも同じ相手に全て判定負けだった。

白星なしで大学に進学し、大学2戦目で、アジア大会出場が決まっていた全日本チャンピオン(後にプロでも日本チャンピオン)の赤木氏と対戦した。

まさにその試合は千載一遇のチャンスだった。

ためて打った左フックが完全に相手の顔面を捉えた。

手応えがあった。

しかし、その一発で相手が目を覚まし、そこからは連打の応酬を受け、レフリーに止められてしまった。

大学4戦目で2年連続高校チャンピオンと対戦した。

高2でライトヘビー級、高3でミドル級のチャンピオンだった。

彼の存在はボクシングマガジンでよく知っていた。

無名だった私にまた千載一遇のチャンスがやってきた。

ここで勝てば、今までの私の何かが変わるかもしれない。

そう思っていた。

相手は減量してのウェルター級だった。

ライト級の私は増量してもリミットには届かなかった。

一週間前のメンバー交換で、下馬評は0対10で完全に相手の勝利だった。

私もそう思っていた。

それでも、やるからには勝つための方法を必死で探っていた。

リングに上がって挨拶をするとき、すでに相手の視線が私を威嚇しているのが解った。

私は、あえて視線を合わさなかった。

そして、ゴングが鳴った。

中央まで相手がきた瞬間にパンチが届きそうだったので、得意の左ストレートで顔面を叩き、そこから猛ラッシュをかけた。

一発一発に力を込めて連打した。

ワンツーワンツーとストレートの連打が全部当たった。

相手は反撃する間もなく、ただただ私の連打を浴びている。

早く相手を沈めたくて、レフリーが割って入るまで私は殴り続けた。

スタンディングダウンを奪っても、相手はファイティングポーズをとり、まだまだ応戦する意欲を見せている。

嘘だろう、早く沈んで欲しいと祈るような気持ちだった。

効いているはずなのに表情を全く変えることなく私に向かってくる。

まるでデスマスクのようだった。

私はゾンビと戦っているのかもしれない。

必死で力を込めて連打を浴びせた。

相手はロープを背にして倒れた。

レフリーがまたカウントを数え始めた。

もう終わるだろう、いや、もう終わりにしたいと思った。

相手がファイティングポーズをとり、応戦する意欲を見せている。

あれだけ殴られても、まだあきらめないので恐くなった。

早く倒れて欲しいと祈るように連打を浴びせた。

反撃の隙も与えず、連打を打ち続けるのに必死だった。

やっとレフリーが止め、試合が終わった。

その瞬間、相手がぐったりとしているのに気がついた。

完全にグロッキーになっていた。

私は一発もパンチをもらうことなく終わった。

開始から60秒だった。

リング上で私の勝利がコールされたとき、私は冷静を装って静かにしていた。

しかし、本音は飛び上がってガッツポーズをしたかった。

胸の高鳴りを必死で押さえていた。

リングを降りるとき、先輩たちが口々に「ナイスファイト」と言ってくれた。

当時、連盟の役員をしていた総監督が走ってきて、「今日の試合は良かった。あの選手は強いんだよ」と嬉しそうに褒めてくれた。

無名だった私が、やっとこのレベルでも対応できると思った瞬間だった。

千載一遇のチャンスはめったにない。

だから、チャンスに恵まれたとき、このチャンスを掴もうと必死になるのだと思う。

なぜならば、その向こうには滅多に訪れることのない栄光への近道が存在しているからだろう。

ボクシング以外でも、千載一遇のチャンスに恵まれた。

しかし、今となっては千載一遇にかけることよりも、地道に歩むことの方が遙かに大切で意味があるのだと思うようになった。

運悪く負けてしまうこともあるだろう。

そこで負けてもいい。

大切なのはそこから地道に這い上がっていく努力である。

少々のことでは怯まぬ不動の心身である。

“継続は力なり”千載一遇を捉えるのも、タイトルを守るのも日々の積み重ねの賜物にほかならない。

だから、大切なものを日頃より体得していくことである。
[PR]

by ikenosai | 2009-08-16 07:09 | 私的視点 | Comments(0)

劣化脳に平和の種を・・・

 大都会のど真ん中で見渡す殆どのものが人間の僅か1.5キログラム程の脳たちの意識によってつくられている。
人間の脳は今、地球のあらゆるものに影響を与えている。
そして、宇宙にまでその手はのびようとしているのである。
人々のもめ事、果ては戦争までも人間の脳がつくり出している。
そして、平和な心も、平和な世の中も、この僅か1.5キログラムの脳によってつくられなければならないはずである。
世の中は個々の持つ、誠実な心か不誠実な心でつくられている。
残念なことに、戦争が起こるのは不誠実な心の圧力が作用している。
平和への真理は、他人の幸福を考えるところにある。
ささやかながらも、我が心の内にその意識の種を蒔くことから平和は始まる。



 あの原爆によってどれだけの人が悲しみ、そして苦しんだことだろう。

子どものころ大人たちが暴力など、人を叩くのは卑怯だと言っていたのをよく覚えている。

おそらく世界中の大人たちも子どもたちをそう諭したであろう。

殴る蹴るの暴力が卑怯だと言われるのに、武器を使う大人たちはもっと、もっと卑怯なことをして魂を汚しているに違いない。

そして、あの原爆は加害者の胸を痛めることもなく大量殺人をしてしまったのである。

それは計り知れない人々に、死刑執行のボタンを押すかのようにである。

しかも、罪のない人間ばかりへの無差別殺人だった。

そんな核兵器を持つこと自体が恐ろしい。

穢れている魂が因縁となり、その因縁の苦しみを次世代に残していくことになる。

犠牲となり死に去った無念の魂はいつ癒されるのか。

広島と長崎で平和を願う追悼の日が今年もやってきた。

風化させないためにも、犠牲者の魂に響く供養をしていかなければならない。

それは平和を意識した世の中から始まる。

そして、その意識は僅か1.5キログラム程の脳に託されている。

                              (原爆の日を前に)
[PR]

by ikenosai | 2009-08-05 15:44 | 私的視点 | Comments(0)