いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

第8夜 消えた花火


e0148909_22305094.jpg

e0148909_22301617.jpg



第8夜 消えた花火

 碧い海を砂丘のいちばん高いところから眺めていた。

やっと登りきった高い場所で汗だくになって海を見下ろしていた。

そして、久しぶりに見る日本海の碧き海に微睡んでいた。

海の大きさに見とれ、そして、何をやっても生きていける、そんな大きな気持になって水平線の彼方を眺めていた。

飽きることのない碧き海にすべてをゆだね、もうどうでもいい、なるようになる、そう思って急な斜面を駆け下りて、勢いよく海に飛び込んだ。

熱狂的な感情に襲われ、叫びたくなって、そして、何度も叫んでは海に飛び込んだ。

海の中は、うっすらとした青さが遠くまで続き、その先には小さな魚の群れが見える。

ときどき浅瀬にやってくるボラたちが必死で泳いでいる。

どこまでも続く砂と透きとおる水、そしてその彼方にある碧い海。

海の中の世界は上から見下ろしていた碧い海とは違っているのに、どちらの景色も美しい。

その中にいるだけで生きている実感と、幸福感からか歓喜がこみ上げてくる。

一緒に来た友人と狂ったように海に潜り、何度も何度も魚の群れを追いかけていた。

海が橙色に変わるまで僕たちは魚のように泳いだ。


 漁火が空の明るさを上回り、やがてその明るさしか見えなくなった。

海辺のカフェで時間をつぶしていた。
店には昨晩も来ていた二人組の女の子がいたので花火を一緒にしようと誘った。

暗闇に上がる花火の強い光をたよりに何度も表情を確かめては小さな駆け引きをしていた。

やがて、ふたつのカップルに分かれた。

それぞれのカップルが別行動になり、僕たちは砂丘に駆けだした。

僕は彼女の手を握り、砂丘のいちばん高い場所に連れて行った。

高い場所からは、暗闇の中の海に浮かぶいくつもの漁り火が、微かな明るさを届けてくれる。

その明るさは、僅かに僕たちの存在が確認できる程度の明るさだった。

反対の空を見上げると、手の届きそうなところに数え切れないほどの星が散らばっている。

その星と海から差し込む漁火が幻想の一夜をつくり、それだけで開放感に包まれ、僕たちは無意識に向かい合い、砂の上に座り、抱き合った。

引き寄せられるように体と体を重ね合わせ、抱き合っていた。

心地よい風が強く砂を巻き上げ、僕たちの体に当たっては下に落ちていた。

唇を重ね、お互いの心の内側にまで入ろうと、息を荒立て、押さえられない興奮に戸惑いながら、風の中で強く抱き合ったまま星空に包まれていた。

奇蹟のような一夜が白々と明け始めていた。

僕は、朝が来るのが怖かった。

必ず朝が来て、しばらくしたら彼女は夢から覚めて、恋が終わると思っていたから。

たとえ、僕が覚醒したままでいても、現実は離ればなれになり、一夜の記憶でしか残らない。

一瞬にして消えていく恋の終わりを予感し、憂鬱な感覚におそわれていた。

一夜のアバンチュールに酔い、名前も知らないまま、過ごしていた彼女がドライアイスのように、僕の熱で小さく、小さくなっていくのを感傷的に受け入れるしかなかった。

もう、夏が終わる。

僕の夏がもうすぐ終わる。

そんな感覚で立ち上がり、陽炎のような儚い恋を感じていた。

瞬きのうちに現実が消され、儚さだけしか記憶に残らない。

自分が獣のようにさえ思え、理性を失って一夜の恋に微睡んでいる。

夜明けとともに、ふたたび合流し、交わす言葉も少なく、ぎこちない。

そして、彼女たちの泊まっているペンションまで送りとどけ、別れてきた。

たとえ、一夜の恋人であっても、永遠の恋人のような眼差しで意味深な目配せをするものの、何も言えなくて、さらっと別れてきた。

 男同士になり、しばらく無言だった。

それぞれが、陽炎のような一夜の恋を胸に閉じこめて、語り合うこともしなかった。

だから、今日まで僕も黙っていた。

彼女にまた会いたい。

僕はそう思い、そう願っていた。

 ポカンと穴の空いた心のまま一週間が過ぎ、さらにもう一週間が過ぎた。

違う友だちに誘われ、あの海に行き、砂丘のいちばん高い場所に座っていた。

海を見下ろすと、あのときの僕たちの光景に似た、若者たちが楽しそうに海で遊んでいた。

ああ、僕の恋は終わったのだ・・・、あの日の朝に・・・。

陽炎のように消失したのだと思い、ぼんやり若者たちを眺めていた。

 どこか聞き覚えのある弾んだ声に、一瞬、ハッとなった。

そして、その声の女の子をよく見てみた。

楽しそうに男の子と手をつなぎ海ではしゃいでいた女の子は、あのとき一夜をともにした彼女だった。

陽炎のように儚くも、大切にしていたはずの記憶が粉々にされてしまい、僕は、思わず、後ずさりして、その場所から立ち去ってしまった。

太陽がギラギラと照りつける熱い、熱い砂の上で、汗だくになっていた。

赤道直下に落ちた砂漠のミイラのように、僕は渇ききっていた。

僕の心は渇ききってしまって、そして、潤わない心のまま、この夏が終わるのを覚悟した。

気が付けば、必死になって、その場から逃げていた。

一夜の恋など成就するはずがない。

僕は、何度も何度も自分に言い聞かせていた。

いや、慰めるように心の中でつぶやいていた。

それでも、あの夜の出来事は嘘ではなかった。

そう信じて、残りの夏を過ごしていた。

今年はもう、海に行ってはいけない、絶対に行かないと心に決めて・・・。




e0148909_22303859.jpg



[PR]

by ikenosai | 2017-02-04 22:49 | 恋別離苦(短編集) | Comments(0)
<< 慌ただしい1月・2月のできごと! 第10夜 初恋 >>