いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
お気に入りブログ
記事ランキング
最新のコメント
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
大トロ・・・・ そ..
by manekinntetti at 06:24
> sakomamabo..
by ikenosai at 23:10
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
人気ジャンル

お薦めの“1冊”



40歳からの元気食
  「何を食べないか」
    10分間体内革命
 

出版社:  講談社

 著 :  幕内秀夫

価 格:  ¥819(税込)
 



 本書では履き違えた健康志向がまねく生活習慣病の落とし穴について詳しく述べられています。

子育て真っ最中の親御さんにとって心身共に健康であることはとても重要です。

40歳を過ぎると、お父さんもお母さんもそれなりの役職に就くなどして、ストレスは増大していき、多忙な時間の中で、とにかく食べることイコール健康という概念がつくられがちになりますが、何を食べるという発想ではなく、何を食べないか、いつ食べないかという体へのいたわり方について深く考えさせられる1冊です。


 間違った考えの中には、例えば男性は、炭酸ジュースはダメだが量の少ない缶コーヒーはいいか・・・と、残業時間に砂糖たっぷりの缶コーヒー、遅く帰宅して、深夜にこってりで味の濃い食事、内臓が休まる間もなく、朝ご飯。

女性は、生野菜が健康の秘訣とばかりにたっぷりのドレッシングをかけて食べる。

仕事もあと一踏ん張りというときに一息入れて、持ち寄ったお菓子やいただきもののお菓子を食べる。

これが習慣化していくと、糖尿病や高脂結晶をまねき、特に血糖バランスの崩壊は心の不安定までもまねくのです。

そこにさらなる不安要因の更年期障害が加わると、子育てどころではないようです。お父さんも自分のことでいっぱいいっぱいで、お母さんも自分のことでいっぱいいっぱいになり、子どもの、特に心の成長にも大きく影響を与えてしまうのです。

親も鬱(うつ)、子どもも鬱なんてことになってしまうのです。

鬱の状態では何をやっても楽しくありません。

充実感もなく、希望も見えてきません。

将来のことをわくわくした視点で捉える気力すら失われてしまうのです。

 人生はまだまだこれからです。

お父さん、お母さん、そして、子どもの将来までも見据えた健康へのアプローチとして大きなきっかけになる1冊です。
[PR]

by ikenosai | 2010-09-22 05:17 | 私の本だな | Comments(0)
<< 今年も行かなかった東浜海岸 夏の思い出・・・④ >>