いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす


「ありがとう!」で終わる人生を目指して、日々のことを振り返り、そして、これからのことを考える。
by ikenosai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
終戦のエンペラー
from Anything Story
カテゴリ
画像一覧
フォロー中のブログ
記事ランキング
最新のコメント
> suzu-clair..
by ikenosai at 08:44
お嬢様、ご卒業おめでとう..
by suzu-clair at 20:42
 いつもやさしいコメント..
by ikenosai at 21:10
素敵なお写真ですね。 ..
by suzu-clair at 08:01
> manekinnte..
by ikenosai at 21:45
以前の記事
メモ帳
ライフログ
タグ
ファン
ブログジャンル
検索
その他のジャンル

夏の思い出・・・③


お盆の日に・・・

 18キップで帰った翌日は、やっぱり疲れていた。

なので、墓参りに行ったきりで家でごろごろしていた。

それでも墓参りで、高校時代以来会っていなかった1つ上の元高校球児に会えて20数年ぶりの会話に花が咲いた。

翌日14日には、高校時代の恩師宅を訪問すると、ちょうどキャンプから帰ってきたとのことで、会うことができた。

その中で、ふとお世話になったジムのトレーナーの話題になったとき、恩師から「知らなんだかなあ。」と言われてびっくりした。

トレーナーは昨年2月8日、天に召されていた。

享年57歳だった。

以前から糖尿病が酷く、自分でインスリンを投与するくらいだった。

土曜日の夜、眠りについて、月曜日、練習生の試合当日の朝、ジムのスタッフがいくら電話をかけても出ないので、部屋に行ってみると冷たくなっていたそうである。

布団の中で静かに眠るように亡くなっていたらしい。

翌日、8月15日は海や渓谷へのレジャーは止めて、亡くなったトレーナーの墓参りに行った。

姉と甥と息子の4人でトレーナーの実家を訪問した。

美作土居駅の近くの線路脇に実家があった。

高校時代、自転車でお中元を持って行ったことがあったので何となく覚えていた。

川土手に車を駐めて、踏切のない姫新線の線路を渡った。

実家には、たまたまお盆で帰省されていたお姉様がいらして、これまでの経緯を話して、墓参りにきたことをお伝えした。

お姉様から見るとどうやら独り身でフーテン者だった弟にもここまで手をかけていた人間がいたのかと驚かれ、「弟も喜んでいることじゃろう。」と嬉しそうにお墓を案内してくださった。

そのお墓には、亡くなったトレーナーとその両親が入っていた。

そういえば、私が高校3年生のとき、トレーナーのお母様が末期の癌で入院されていて、トレーナーは美作中央病院で付きっきりだった。

私はパンチングミットとグローブを持って病院を訪れ、屋上で練習を見てもらったことがあった。

お母様が亡くなられ、そのあと、私の高校最後の試合で、まだ1勝もしていない私に、本気で勝つ気があるのかと聞いてきたことがあった。

「本気なら頭を丸めて来い、そうじゃなきゃ出さん。」と言われ、覚悟して坊主にしたことがあった。

その試合でも勝てず、引退することにしていたら、わずかな可能性にかけた大学の関係者から推薦の話がきた。

試合後すぐのことだった。

人生は不思議なご縁に結ばれて、どうなるか分からない。

良きことを思い、良き行いを積み重ねて行くことが大切であることだけは私の体験上、事実であった。

それにしても、あのトレーナーに巡り逢っていなければ、手弁当ながらあきらめず育てていただいていなかったら、私は今、東京にいないだろう。

辰吉のトレーナーだった島田信行氏から赤井英和戦のチケットをいただき、車に乗せてもらって大阪まで観に行ったこともあった。

途中のサービスエリアで夕飯をご馳走になった。

赤井の世界前哨戦で相手はフィリピンの選手だった。

判官贔屓だったトレーナーは青コーナーのフィリピンの選手を必死で応援していた。

また、赤井戦のチケットをいただいたが急用でいけなくなったこともあった。

トレーナーと三谷君だけで観戦に行かれたが、あの試合で赤井は再起不能になって引退をした。

三谷君は小学4年生からボクシングを始め、天才的なセンスを持っていた。

トレーナーは私によく、あの子の練習を見て真似するようにと言っていた。

後に三谷君は、高校チャンピオン、大学時代はずっと全日本チャンピオンだった。

連盟の暴君だった川島五郎のテコ入れでオリンピック出場のチャンスに恵まれなかったが、その後プロに転向し、世界戦ではあのチェ・ヨンスと2回も戦ったがタイトルは奪えなかった。

まさにあの高校時代、私はボクシングに夢中になっていた。

実家には今でもそのころのボクシング雑誌がどっさり本棚に残っている。

「不細工だ、箸にも棒にもかからん。」とトレーナーにはよく言われていた。

そんな私にも秘密兵器があった。

左ストレートがまともに当たると、相手は起きあがってこなかった。

その千載一遇の醍醐味をトレーナーは楽しみにして観ていてくださっていたのだと思う。

こんなつたない私に、よくここまでしてくださったのかと不思議でならない。

大学卒業後、しばらく東京に残っていたが、いよいよ田舎に帰ろうと思い始めたころ、田舎ではトレーナーがジムを開業した。

オープニングセレモニーには島田トレーナーのコネで(故)グレート金山がこけら落としのスパーリングをした。

田舎に帰ってからは、仕事帰りに、ジムによく立ち寄った。

そこから何人もの選手が生まれた。

西日本新人王も出た。

 トレーナーは若かりしころ、中京大学で日本拳法を始め、キックボクシングからボクシングに転向し、ボクシングでは名古屋の松田ジムに所属し、中日本新人王になっている。

ボクシングに魅せられ、ボクシング一途に生きたトレーナーは、私にとってかけがえのない恩人だった。

私の人生が変わっていく最初の入り口で情熱を持ってボクシングの魅力を教えてくださった本物のトレーナーだった。

 それでも、どこかカッパの清作(たこ八郎)に似た人生を送られた感じがする。

 「迷惑かけてありがとう。」そんな言葉がこの方にもピッタリだと思った。

 ありがとう、江見通彦トレーナー。

 心よりご冥福を祈りたい。


e0148909_8155938.jpg
 
[PR]

by ikenosai | 2010-08-30 08:16 | 思い出のポケット | Comments(0)
<< 夏の思い出・・・④ 夏の思い出・・・② >>